神戸・鉄砲水の事故

heavy rain

昨日の豪雨で、神戸・都賀川で遊んでいた保育児童らが流される事故がありました。
この事故を始めに聞いたのは、昨日の晩に友人からでした。正直、かなりぞっとしました。というのも、僕自身も教えてくれた友人もこの都賀川の川縁は、知り合いの工務店さんの事務所への行き帰りに良く利用しており、今現在もその工務店さんと仕事のやり取りしている最中なので、この鉄砲水に巻き込まれる可能性は十二分にあったからです。ほんの少しのタイミングの違いで、当事者になっていたかもしれない。
普段歩く都賀川の川縁はとても良く整備されており、ご近所のおじいさんおばあさんの井戸端であり、犬の定番散歩コースであり、カップルの憩いの場にもなり、川面が近く子供にとってはこの上ない遊び場でした。堤防を降りて川縁を歩けば自然に触れられ街の喧噪からすっかり離れられる。知る限り時間を問わず人が行き交う、人々の生活に馴染んだそんな場所です。
鉄砲水。知識や情報では分かっていても、その時その場に居て、そんな事を考えられただろうか?みるみる空が暗くなり雷が響き、川縁をもし歩いていたらえらい夕立になってもうた、ぐらいの気持ちですぐ降り止むだろうと橋桁のたもとで雨宿りをしていたに違いありません。都会に住んで、自然災害にどれだけ敏感になれるかと問われたら、とても自信はない。今回の鉄砲水は、たまたまの雨雲の動きと、上流でも都市化の進んだアスファルトとコンクリートの街が雨水を地面に吸い込めずほとんどが川に流れ込む、そんな条件が重なって起きたのだろうと報道では流れていました。考えたら分かるようなことでも、とっさの時にそこまで考えが及ぶはずもなかったと思います。
この事故を教訓に、新興住宅地やニュータウンなど都市化を促す街の開発は、自然との向き合い方をもっと良く考えて置く必要があると改めて知るきっかけになりました。
不幸に見舞われた方々に心よりご冥福を祈ります。

telegraph pole
同じ日の朝

Science and You:つながりのある科学の話題にジャンプ!

Science and You

これはちょっと面白いネットサービス。指定のサイトに載っている単語を拾って、科学に関連するリンクを表示してくれます。ちなみに我がサイトで遊んでみると、建築に関する言葉の少なさがよく分かる。こりゃあきまへん。上のバナーからリンクしてます。
さすがに温暖化という単語には、リンクがいっぱいぶら下がっています。このところ日に日に増す暑さは、焦熱化の間違いじゃないのとでも言いたくもなります。
今も科学に関連しそうな単語を思い浮かべようとしているのですが、どうやら我がオツムは科学的にはできていなさそうです。


http://you.costep.jp/js/test.js

パンフレット用スケッチ

パンフレット用に作成したイラスト風プランとパーススケッチ。

この物件を知り、当事務所を見つけた方からメールを頂きました。希望の場所付近だった事で見つけられた様ですが、土地柄、擁壁のことが心配になられました。少しやり取りをさせていただいたら、とても丁寧なプランの感想をいただけたので、転載のご了解をいただきました。

ラフスケッチはとても参考になります。セ×××××××さんや三××××××さんのHPで拝見した間取り図やHPで見た想像図(?)だけで今までイメージをしていたのですが、2階リビングや1階土間のラフスケッチも拝見させて頂いて、もっと想像がふくらみました。
余計なお世話かもしれませんが、こちらの物件の間取りを見て気に入った点や、普通の建売とは全然違うなぁと感心した点を、偉そうですが幾つか挙げさせて頂きます。
・駐車場スペースが1台しかない。
(家は車を所有していない為、2台用意してある物件を見ると(特に箕面辺りは多いようです)、その分家を広く作って欲しかったと思っていました)
・対面式キッチンになっている。
(最近は主流になっているようですが、まだまだキッチンが独立している間取りも多いようです。キッチンにいる時間が長い者としては孤立してしまうのは嫌だったのでこの作りは嬉しいです)
・LDKが2階にあり、なおかつ2階から出入りが出来る。
(LDKにいる事が多いので2階にLDKがあるという家が理想でしたが、将来の事を考えると、何歳まで階段を昇り降りする事が出来るだろうか、という不安がありました。)
・LDKの隣にフリースペースがある。
(LDKの隣に和室があるという間取りを多く見ましたが、LDKをすっきりさせたいのであれば、
パントリーもしくはこのようなスペースがあると助かるなといつも建物探訪を見て思っていました)
・トイレが1つしかない。
(最近は1階と2階に1つずつあるようですが、3人もしくは4人家族でしたらそんなに必要かな?と思いましたし、2つもあったら掃除が大変!と思っていました)
・ベランダに隣接して土間がある。
(こちらは庄司様の遊び心というか、色々なお考えもあって作られたスペースだと思います。
とりあえず私は、1階ベランダで炭火をおこしてサンマや空豆を焼いて、土間で焼き立てを食す、という事を想像してしまいました。)
う〜ん、なかなかじっくり見ていただけた感想に、少し嬉しくなります。

トマトとズッキーニ

tomato & zucchini

連休の最後、久しぶりに京都の subako に伺いました。これまで機会を逃して、住まわれてから夏の様子をまだ見た事がなかったので、実はようやく拝見。
夏本番はこれからだけど屋上庭園がどんな風になるのか、少しずつ拝見はしていたものの気になっていました。いや〜、すっかり農園です。本当に楽しそう。完成当初は芝だけでしたが今はいろいろ野菜が植えられたり、屋上にいる事をすっかり忘れそうな感じです。
野菜づくりを楽しまれる施主さんは他にもいらっしゃいますが、皆さんの様子を見ていると感化されそうです。自宅でなんか植えてみようかと真面目に目論んでみたくなってきます。実は先日、ヨメさんが買って来たペパーミントを庭先に植えてみたのですが、うまそうに葉を拡げたと思ったらチビこいバッタの集団に食い散らかされてしまいました。廻りに緑は他にも一杯あると言うのに。。。愕然。やっぱりうまいのか?
写真は帰りに頂いたトマトとズッキーニ。さっそく頂きました。どちらも甘くて美味しかった。ところでネットで調べてみたら、トマトはナスの仲間で、ズッキーニはカボチャの仲間なんですね。全然知らなんだ。めちゃくちゃ初心者みたいな事を書いていますが、そんな事を知っただけでもますます興味が湧いてきます。
それにしても自分の家の屋根の上で採れた野菜を食べられるって、すごく不思議でうらやましい限りです。

崖の上のポニョ

onion

久しぶりに映画に行きました。「崖の上のポニョ」。しかも公開初日の最初の上映に行くなんて、何年ぶりかな。ヨメさんが義姉と初日に行くと聞かされ焦って同行、全編手描きのうたい文句?に心動かされた感ですが、大昔からの宮崎ファンとしてはここ数年の超大作?物より、素直に良かったと思いました。
CGを使う使わないでは無く、技巧的に凝って観ている時は圧倒されても印象に薄い映像では無く、素朴に描きつつもダイナミックな動きの表現に余韻が残せるのは、やはり宮崎アニメの本来の持ち味。その持ち味が今回のポニョでは存分に現せたのではないかと思います。映画後半の荒れ狂う海が生き物そのものとして表現される様は、圧倒的でした。CGを使って精彩にリアルな表現を苦心するのとは全く違い、映像として少ない情報でありながら、あり得ない事をあり得る様に思わせる事ができるのは、アニメーション本来の面白さかもしれません。そんな所に今回はホント拍手です。
ただストーリーや設定は、手描きにこだわった映像の表現程には抜け切らなかった感が正直残りました。思い切ってもっと付属の設定を削っても良かったのでは?どこか現実世界との接点を持たせておきたいという意図の様にも思えますが、それらを切ってメインのストーリーだけをもっと誇張しても充分に宮崎監督が伝えたいことは伝えられたのでは?と思ってしまいます。
もっとファンタジーでいいのになあ。好き勝手な事を書いてしまいますが、「どうぶつ宝島(アイデア構成 :宮崎駿)」に釘付けになっていた宮崎好きの愚痴と聞き流して下さい。

映画を見終わった後、館内のショップで雑誌取材でお世話になったカメラマンの方に偶然出会いました。同じ上映に家族で来られていました。無防備な所を見つかった気分です。不審な挙動を撮られていないかちょっと不安。(笑)

「崖の上のポニョ」公式サイト:[c] 2008 二馬力・GNDHDDT

セミの梅雨明け宣言

emergence : cicada

朝、事務所に着いてみると、玄関脇に白いものが目に止まった。
近づいてみると白いセミ。すぐ側に抜け殻もある。セミの羽化だった。羽は伸びているから、しばらく経ったところだろうか。こんな間近に見たのは初めて、朝から得した気分だ。もっと早くから来ていたら、更に感動だったかも。
それにしても、なんでこんな所で?廻りを見渡しても土の部分は隣家とのわずかな隙間ぐらい。そんなところににいたのだろうか?セミは土の中で7年とか言われますが、実際のところよく分かっていないらしい。種類によって違うらしいが観察されているのは4〜5年くらいまで。としても、事務所の横で4〜5年も共に暮らしていたのだろうか?
勝手な想像でもっと高い所で羽化するものだと思っていた。登れる木を探しまわっても見つけられず、とっても焦っていたのではないだろうか?一旦始まっちゃうとどうにもならない感じだし、カメラを近づけても反応は無い。ただただと身体が変化するのを我慢強く待っている様子。もしかして目も見えてないのかな?しかしココじゃあまりに目立つ、猫や鳥の餌食にならなければいいけど。
昼、同じ所で無事にじっとしていた。すっかり色づいている。ぼちぼち何処かに飛んで行くのか。
セミの梅雨明け宣言で、今日は我慢出来ずに初めてエアコンにスイッチを入れてしもた。ほんま暑い。

emergence : cicadaemergence : cicadaemergence : cicada

Nicolas de Crecy 購入リスト(アマゾンフランス)

ニコラス・デ・クレーシー

 

23:amazon.fr

 Super Monsieur Fruit

22:amazon.fr

 Salvatore, Tome 2 : Le grand d?part

 

 


       

21:amazon.fr


L?on la Came : Laid, pauvre et malade suivi de Priez pour nous

 

 


       

20:amazon.fr


P?riode glaciaire : Version luxe

 

 


       

19:amazon.fr


Des gens bizarres

 

 


       

18:amazon.fr


Nicolas de Cr?cy. Monographie

 

 


       

17:amazon.fr


Salvatore, Tome 1 : Transports amoureux

 

 


       

16:amazon.fr


P?riode glaciaire

 

 


       

15:amazon.fr


New York sur Loire

 

 


       

14:amazon.fr


Caf?s moulus

 

 


       

13:amazon.fr


Prosopopus

 

 


       

12:amazon.fr


Foligatto

 

 


       

11:amazon.fr


La Nuit du grand m?chant loup

 

 


       

10:amazon.fr


L?on la Came. Laid, pauvre et malade

 

 


       

9:amazon.fr


L?on la came

 

 


       

8:amazon.fr


Gosse de riche no 93

 

 


       

7:amazon.fr


Le Bibendum c?leste, tome 1

 

 


       

6:amazon.fr


Lisbonne : Voyage imaginaire

 

 


       

5:amazon.fr


Monsieur Fruit. 2

 

 


       

4:amazon.fr


Plaisir de myope

 

 


       

3:amazon.fr


Monsieur Fruit, tome 1

 

 


       

2:amazon.fr


Le Bibendum c?leste. tome 2

 

 


       

1:amazon.fr


Le Bibendum c?leste, tome 3

 

 


       

 

0:フランス旅行中


Le Bibendum c?leste, tome 1

 

 


   

 

進歩か堕落か?お掃除ロボット

ネットで見つけたこのロボットを是非とも世の主婦(主夫)の皆様にお伝えしたい。
ReadyBot』は、家の中をお掃除してくれるロボットです。2足歩行から既に走り出したロボットやら、人間の身体の中に入って治療をするミクロなロボットやら、はたまた人を癒してくれるロボットも良いのですが、この動画に出てくるロボットは何ともほのぼの。R2-D2 の原型みたいな形ですが、このロボットは白物家電になるのだろうか?
発展型としては、事務所に散らかるカタログやらサンプルを片付けるReadyBotを是非開発して欲しいものです。ただ心配は彼のスピードよりも散らかすスピードの方が早い気も。。。