吉村家住宅/寺内町・杉山家住宅

富田林 寺内町
富田林 寺内町

日曜日は、すまいをトーク2回目でした。羽曳野と富田林まで、重要文化財になっている民家と江戸時代の住まいが残る街並を見学に行きました。


羽曳野 吉村家住宅

羽曳野 吉村家住宅(重要文化財) 提灯箱
羽曳野 吉村家住宅(重要文化財) 提灯箱

午前中は羽曳野の吉村家住宅。昭和12年に民家として始めて重要文化財に指定された住まいだそうです。当時は国宝住宅(旧国宝住宅とも呼ばれる)としての指定になります。現地に向かう街並にも古そうな住まいが多く点在していますが、吉村家の門をくぐって始めて見たその外観は、茅葺きの屋根が重く見えず、民家というよりも洗練されたモダンな数寄屋と思えるシャープな印象です。水平に伸びたプロポーションに、思わず恰好いいと呟いてしまいました。納屋・土間、住居、接客のスペースが3分の1ずつ並び、東西に伸びる直線状の間取りになっています。

中に入るとダイナミックな天井の土間に黒漆喰で固められたかまど、宙づりになった使用人部屋があったり、と現代建築にも通じそうな構成が見られます。機能的に使い勝手も考えられた細かな部分が、外観と同じく自分が思う民家と違ったモダンな印象を醸し出していました。


富田林 寺内町・杉山家住宅

富田林 杉山家住宅
富田林 杉山家住宅

午後は、富田林に移動。食事後、寺内町(じないまち)にある杉山家を見学。こちらも重要文化財で、現存する町家のなかで最古のものだそうです。

先に、江戸時代からの古い民家が建ち並ぶ富田林寺内町という街ですが、1560年頃に浄土真宗のお坊さん証秀上人(しょうしゅうしょうにん)が、庄屋さん8人とともに、戦乱の世で平和な街を作りたいと願い建設されたと言います。その後も幾度かの危機を乗り越え、今もその姿を多く残しています。もちろん、民家の改修は時代とともに行われ江戸・明治・大正・・・の建物が混在し全てが当時のままではありませんが、その様式を伝えようと今も街の方々が大切にされている、街全体が歴史博物館と言えるかもしれません。街の歴史を伝えるボランティアの方々の解説を伺いながら、杉山家住宅の見学の後に散策を楽しみました。

杉山家住宅はこの寺内町を創設した8人衆の内の庄屋さんのお宅になります。寺内町のなかでも一番立派な住まいの様です。こちらも玄関をくぐると太い大黒柱に囲まれた立派な土間になります。造り酒屋をされていた最盛期に70人ほどの使用人がここで当時は、カマヤ(台所)に9連ものかまどが並んでいたそうです。

また与謝野晶子と同人の詩人・石上露子(本名・杉山孝子)の生家でもあり、時代の変遷の中で増改築を繰り返す中、力強い民家風な表から奥へ進むと、洗練された数寄屋風な座敷も備わり、床の間には狩野派の壁画がありと盛りだくさんな住まいです。文化財に指定され改修に当たり石上露子が願って作られたと言う少し洋風な螺旋階段が残されているのも、また多様さを感じさせます。


 

話が戻りますが、初めの吉村家住宅の見学前に、現在の所有者である吉村さんから伺ったいくつかの話がとても印象的です。もちろんその当時もそこに住まわれていました。

文化財に指定された後に改修事業になった際、どのような姿に戻すか専門家方の意見が大きく分かれたそうです。昔の姿に復元するのか。継承されて来た今の姿を修復するのか。長年の生活の中で改修や修繕が進んで行くと建設時の棟梁の意図(設計趣旨)が失われて行く、仮定ではなく検証できる中で建物の原型・オリジナルのデザインに戻す復元こそが本来のあり方だ。という改修担当者の言葉に感銘を受け復元事業へと踏み切ったそうですが、いざ完成してみると、外観こそはスッキリとしたのですが、今まで使っていた住居部分はスッカリ変わってしまい、もうこれは住まいでは無い。ここにはもう住めない。と感じられたそうです。結果吉村さんは、長年住み親しんだこの家から住まいを別に移されたそう。

先日、友人の世界遺産についてのシンポジウムで聞いた話と、少し重なりました。文化財を残すと言う事はとても大切はことに違いありませんが、特にこうした民家など今もまだ実際に住まわれる環境を、昔の姿のまま維持を続けると言う事の難しさが、少し伝わって来た気がします。

最後に、寺内町にある富田林市道6号(城の門筋)は「国土交通省・日本の道100選」に選ばれています。

 

トネリコの鉢を植え替えしてみた。

Fraxinus

事務所には、たぶん4年目ぐらいだと思うのだけどトネリコがいます。はじめ30センチぐらいの苔玉で買ったトネリコですが、いまでは結構大きくなって1メートルを越えてきました。貧弱だった初めのころとは打って変わって、それなりの幹の太さになっています。そろそろ鉢替えをしてやらないとイカンだろう。と、昨日はコーナンで土と鉢を買っておきました。
今日の昼間に鉢替え。すでに苔玉から一度、その後一度、二回ぐらい鉢を替えているのですが、いつもいい加減にやっていたので、今回は少しネットでやり方を探しつつ。参考にしたのは、「葉っぱの岬シマトネリコ」と「e-garden」ちゃんと読み始めると色々気になってきます。
とりあえず、両サイトの記事を読みながら、「土は赤玉土の小粒6に腐葉土4」 ふむふむ。適当に買って来たけど、ちょうど良いぐらい。コーナンの買い物袋の中で混ぜ合わせ。
「根鉢を3分の1ぐらい崩す」 今の鉢は丸っこいのでとてもじゃないけど引き抜けない。金槌で割ってみると、ネットで見る様子とまるで違って一体どこに行ってしまったのかと思える程、崩せそうな土なんか見えません。根っこのネットは鉢の形を再現するかのように包まれた状態。太めな根も周囲を廻っている。3分の1を崩すなど根を余計のこと痛めそう。しかたないので、下のゴロ石あたりからモソモソと掻きだし始めましたが、4分の1がよいところ。う〜んどうしたものだろう?このままやっても根をちぎってしまいそう。
心残りだけど、このまま進めよう。新しい鉢にゴロ石を敷き、配合の済んだ土を小山加減に盛る。そこに根をかぶせる様に据えてみて、こんなもんかなというところで、廻りに土を詰め込んだ。土の量は、計算なんか出来る訳も無いがピッタリ収まり、水引きもぼちぼち良さげ。
ちょっと大きすぎたかなと思って買った鉢も、意外にいいぐらいに収まった。まあ、しかし今までの鉢でここまで大きくなるのだから、今度の鉢だと恐ろしくデカくなるのでは?そんな要らぬ心配もしつつも、結局いい加減な鉢替えは無事終了。
後は元気に育ってくれる事を祈るばかりです。

FraxinusFraxinusFraxinusFraxinusFraxinusFraxinus

Fraxinus

mac風:WordPressって面白いです。

サーバーを移転してから、Wordpressというブログシステムに感心しています。
お陰でチョロチョロいじくってしまい、落ち着かない様子が見て取れていたかもしれません。ご訪問の方々には申し訳無いばかりです。大枠、納得のラインに行き着いたのでようやく落ち着きました。コンテンツとしたメインのページは全く手つかずですが、こちらはボチボチとやっていきますので、気が向いた時に覗いてみて下さい。時々グーグルの宣伝やら入ってしまいますが、無料サーバーなので致し方ありません。ホームページに使っているプロバイダーでこのWordpressが使えないため、しばらくはこのまま続けようと思っています。
それにしても、デザインやら機能やら自分なりにカスタマイズの自由度が高いことで、このWordpressがデザイン系の方たちに人気なのがよく分かりました。知れば知る程感心してしまって、どうせならコレで全部できないか?とか、見返す程たいした内容は無いのにライブドアでやっていた以前のブログのデータもまとめてしまいました。要らぬ事についつい首を突っ込みたくなります。事務所開設ごろにHTMLをテキストで書いてホームページを作っていたことで、中途な知識のまま手を出してしまうのは良かった悪かったか。出来上がりの印象をヨメさんに聞いてみたら、見にくい。と一喝されましたが、ショボクレてまた手を出してしまう。とは言え、ユーザビリティは大切にしたいので、こりゃアカンよ。と辛辣なご意見も頂けると幸いです。
そうしてしばらく、Wordpressのカスタマイズやらテーマ(デザイン)やらのページを検索していましたが、よくもまあこんなにあるのかと次から次に御指南サイトがあります。しかもごっつい親切なページも多いし、マニアなページも多い。不思議なコミュニティ感があります。似た様な感覚は、グラフィックやデザイン系にもあるのですが、どうも建築系はあまりありません。目の前に見る媒体と直結していないからかもしれませんが、建築の方々は孤高なスタンスがウェッブ上にはあるような気さえしてきます。もちろん恥ずかしくなるほどフレンドリーなサイトもありますが、と言って横の繋がりはあまり感じない訳です。人の事を言えたものではありませんが、もう少しそんな関係があっても良いのにな、とちょっと思っています。

話がそれましたが、このWordpressに思いっきり感心してしまったサイトを2つご紹介しておきます。
マニアってすごいな。オタクってすごい。って笑ってしまいました。ただしマック系なので、ウィンドウズの方はご勘弁下さい。どちらも、Wordpressのテーマ(デザイン)です。またデータは無償で配布されているので、Wordpressの方はお使いいただけるかも。

オールドマック風テーマ
Retro MacOS WordPress Themeデモ

レオパード風テーマ
Leopressデモ 

こっそりプライベートブログを立ち上げたくなります。こんな事で笑えてしまう自分自身も充分オタクですね。

taiyo