雨上がりの虹

夙川の川縁はお花見の屋台が並んでいます。
そろそろかな、そろそろかな、と様子を伺っているこの頃ですが、
今年はなんとなくタイミングが計りにくいですね。
今日は雨上がりのせいか、肌寒い。
事務所近くで古家リフォームの相談があり、夕方に現地の中を見せて頂きました。
山手で眼下に西宮の街が広がり、申し分ないロケーションの良い場所です。
しかも庭先に、おおきな桜の木があります。うらやましい。
その2階の窓ガラスに、以前の住んでいた家族の、おそらく子供らが貼ったのだろう魚のシール跡がくっきりと残っています。
雨上がりの虹が二重になって浮かび上がり、西宮の空を泳いでいました。

Koolhaas Houselife

www.bekafilms.it

これはちょっと感動したのでご紹介。
レム・クールハースというオランダの建築家の住宅です。
雑誌の写真でしか見た事が無かったのですが、このビデオ見てひっくり返りました。
いや〜いいです。う〜ん、かっこいい。の一言。
こんな住宅設計してみたいです。クールハウスです。
シャレじゃなくホントにそう思った。

こちらに映像2点を載せたサイトあります。
> noticias arquitectura / blog: Koolhaas Houselife

学生時代その後もクールハースの作品は、本でよく見返しました。未だ新鮮です。
続きにクールハースさんの初期住宅「VILLA DALL’AVA」の映像2点を載せておきました。
>  続きを読む

大阪府庁

先週、先々週と丁度お昼時の大阪府庁に2度程行く機会があり、
折角?なので2度とも府庁内の食堂へ行きました。
いや〜なかなか良いです。安くてボリュームがある。
初めはC定食。鳥のカツ玉にみそ汁とご飯。漬物。450円。
次には麺定食。かきあげソバにかやくご飯。漬物。350円。
どちらも充分お腹が膨れました。味もソコソコ悪くない。
近くにあれば良いのにと思ってしまった。府の職員がウラヤマしい。
安いから、高校生なんかも来ていたり。

飯を食った後は、庁舎内をウロウロと。
1926年に竣工したそうです。>wikipedia|大阪府庁舎
古いビルって趣があって良いですね。
現代的なビルに入ると、外は違っても中はおんなじ。
当時は当時で、みな同じ様に見えていたのかもしれませんが、
壁や天井や梁や柱の色艶が、時間の流れを感じさせてくれます。
今のビルが古くなった時にこうした色艶が出てくる、とはなかなか思えませんよね。
なぜでしょう?
大阪駅ビルの地下を歩いていてもサブい感じです。
府庁の中を夜中に歩く想像をすると何やら白いものが出てきそうですが、
駅ビルだと何やら事件に巻き込まれそうな寒気がしそうです。
くだらない比較はともかく、
間仕切り壁にもスチールのサッシがはまり、もやもやした吹きガラスがはまっていました。
それがまた良い感じでした。

ピーカンサイトにいくつか完成物件をアップしました。
お昼休みにでもご覧下さい。