オクラの種

このところ寒さが更に厳しく、朝、布団から抜け出すのにひと苦労です。
毛布の奥からササッと手を伸ばし、
真横に鎮座するガスファンヒーターのスイッチを入れるのが日課になっています。
結露した窓を上目遣いで見上げ、おお〜寒。
そのままテレビのリモコンを布団の中に引込み、顔だけ出してスイッチオン。
元気そうなニュースキャスターの声が頭の頂点をかすめ。こちらは、フ〜〜〜〜。
団子虫の様になって気合いを充填。ア〜。とかなんとか言いながら起き上がる。

先週末は「平一さん」宅と「subako」宅へ。久しぶりの京都です。
「平一さん」宅へは、しばらく前に家具の手直しがあったのでその仕上がりを確認に。
と名目を付け、まだ小さな新しいご家族に会いに行きました。
とても凛々しい男の子。福々しい名前がピッタリな笑顔で迎えてくれました。
「subako」宅へは、いくつかの窓にカーテンやロールスクリーンを付けたいとのことで、
施工いただいた工務店の監督さんと共に、インテリア諸々のご相談を受けに。
久しぶりに伺ったお宅の様子は、施主さんの色がますます色濃くなっていました。
丁度一年が過ぎたぐらい。大きなトラブルは無く、過ごして頂けている様子にひと安心。
写真は、屋上庭園で栽培されたオクラの実をもらってきたもの。
施主さんの楽しそうな様子に、少し感化されそうな気配です。
ただし、もう少し暖かくなってから。

カキノイエ:引越し前日・KAKI no IE

SevenStars

世の中に未だ逆らって喫煙を続けているが、
大学を卒業する前後から、ずっとセッタ(セブンスター)。
かれこれ10数年になる。
たまに他の煙草に手も出したが、これに戻る。
密かに感じているけど、セブンスターかハイライトを吸ってる輩は、
他の煙草に変えようとしない偏屈者か頑固者。
親父はハイライトだし、本数を減らす様になっても変えない。
間違いない。
10日程前、たまたまコンビニで買い求めたら、
店員さんに、期間限定でライター付きのこんなのありますよって教えられ、
お、かっこいいぞ。迷わず買ってしまった。
どうやら数量限定らしく、すでに売り切れの店もある。
ネットで検索してみると、セッタファンは密かに盛り上がっている。
禁煙してた人が思わず、ってのもあった。
セブンスターと言う煙草は、1969年に発売されて、
以後一度もデザインが変わっていない。
その頑固さがまた良いのだ。
(それだけに喫煙警告が入った事は、この上ないショックだった。)
しかし、おおかた40年もデザインが変わらないってのは、
商品パッケージとしては、かなりスゴい事ではないか。
派手さもない、どちらか言えば地味。
しかし、このデザインがたまらなく好きな人は多い。
今回の黒パッケージも期間限定だからこそ許す人も多いはず。
人にそう思わせるものが、他には知らない。
いつか、そんなデザインをひとつ作れる事を夢見ています。

機種変更

1週間程前に、携帯電話を機種変更しました。
前の電話は電池の持ちが悪くなり、充電残量を気にしないといけなくなっていました。
デザインは気に入っていたし、何より小ぶりだったのが気に入っていました。
電池交換をするか、機種変更か。
随分悩みましたが、溜まったポイントでまかなえる機種に変更。ワンセグなし。
テレビが見れたところで、見るのはきっと始めだけ。
そう期待もせずにいた筈なのに、イザ変更してみると。
ワンセグはともかく、なんだかイロイロ進んでいる。当たり前なのかちょっと感心している。
使い勝手も悪くない。
メニュー画面も結構カスタマイズできるし、自作も可能らしい。
そんな事を知ってしまうと、チャレンジしてみたくなるからたちが悪い。
いやいやそんな事をしていたら、いくらでも時間が足りなくなる。
そうして意味無く携帯に手が伸びる。
唯一不満は、相手の声が割れやすくて、聞き取りにくくなったコト。
カメラのレンズ位置が真ん中に寄りすぎて使いづらい。
それも気がつけば慣れるのだろうな。
しかし、なにより感心したのはパッケージ。
物持ちの良さにも感心するけど、前の携帯のパッケージと思わず見比べた。
間違いなく時代は進んでいた。
ちなみに新しい携帯で撮った写真。

カキノイエ:オープンハウス・オープンハウス終了しました