建築確認修正台

table

朝から電車に揺られて、確認申請書類の訂正に行った。
提出後の「確認申請書類の訂正」に行くのは、コレが本当に最後になるかも知れない。
先日にも書いたが建築基準法の改正で、今後は提出後の訂正が認められなくなる。
代わりに提出前に事前のチェックを受けて、訂正のない状態で受け付けると言う体制にほぼなる。
第三者的に見れば、とても良い事の様に思えるが、
コレまで経験してきた膨大且つ煩雑な作業を、ヒトツの間違いも無くこなすというのは、
物理的にも時間的にも(精神的にも肉体的にも)かなりキツいものがあるだろう。
チェックリストによる画一的な判断は汎用的には正しくとも、イレギュラーな判断は除外される可能性がある。
言い換えてみれば、ますます画一的な住宅が増えると言う事にもなりかねない。
ほんの一部の不心得者対策のために、多くの設計者に無用の負担を課せば、
それが足かせになり、創造的だったハズのヒトも単なる事務作業に終始することになりかねない。
実際、建築技術系の団体は国交省に懸念を表明していたりする。

役所に着くとガランとした寂しい訂正スペースが目についた。
その昔、民間の確認検査機関も無かった頃は、建築審査課はどこもゴッタ返していた。
建築に携わるまで、役所は窓口前の長椅子に座って待つばかりのイメージだったが、
はじめて確認申請に所長に連れられて行った時、ココは黒門市場か?と思えるぐらいに混雑していた。
訂正スペースを確保するのだって一苦労だった。言っちゃ変だが活気があった。
大阪市の審査課はタバコの煙がこもり、さながら立ち飲み屋の様にさえ思えた。
震災後に確認申請に神戸市役所に行った時は、特別と言え、担当者に会うだけで東京ディズニーランドの様に並んだ。
訳も分からず言われるままに、あっちに走りこっちに走りしていた。
その後に民間の確認検査機関が作られ、役所の混雑はすっかり陰を潜めたが、
それでもまだ訂正スペースに、2〜3人の設計者はため息をつきながら訂正する姿があったものだ。
そんな様子は過去の思い出?訂正スペースも撤去されるのかもしれない。
そんな思いで、今日は一人で広々と使いながら(余裕の顔で?)訂正を済ませた。

House [ I ]:小屋組

小屋組


KOYAGUMI
Originally uploaded by hifumiyo.

屋根の骨組みが宙に浮いた。
明日が天気なら野地板が貼られ空は見えなくなる。
登り梁は化粧で見えて来るので雨に当たって欲しくはないが、コレばかりは運に任せるしかない。せめて防水のルーフィングが貼られるまで待って欲しいものだ。
現場を担当する棟梁以外に大工さんと左官屋さんが応援に駆けつけて、監督さんと全員で野地板を持ち上げていた。
近いうちに中間検査。監督さんと検査までのスケジュールを打ち合わせて今日は終了。

KOYAGUMIKOYAGUMI

ひ弱な現代人

old wall

温度変化に滅法弱い。
ここ最近の昼夜の寒暖、日向日陰の温度差に身体がついて行かない。爬虫類な気分だ。
今日は現場に出かけたが、やや曇りつつも十分暑くTシャツ姿でウロウロしていた。
夕方になって案の定肌寒くなるが、既に汗もかいて上着を羽織る気もしないから、
そのまんまいると、もう既に鼻がグズッてる。ウ〜。
夏場なんかに底冷えする様な銀行に行ったりすれば、腹の調子を崩す有様。
現代の空調環境に全く順応できない、ひ弱な現代人です。
なので、目のやり場に困るぐらいにおヘソや背中を出して闊歩する現代女性は、
私にとっては目の毒どころではない。むしろナゾだったりする。
ヨメさんに言わせればファッションはガマンだそうだが、ガマンならん訳でして。
近づく大阪陸上を前に、お腹を出す選手たちの姿をニュースで見るたび、
この人たちはお腹コワさんのか?とさらに聞く始末です。

House [ I ]:木工事

木工事


MOKU-KOUJI
Originally uploaded by hifumiyo.

コンクリート躯体の4週間の養生期間が過ぎ、木工事に取りかかり始めた。現場には手刻みの継手や仕口の加工を済ませた木材が積まれている。
今回はコンクリートと木の混構造となるが、木造部分は母屋?の屋根とガレージ上の納戸となる2階の床のみ。少量なので、クレーンはモッタイナイと言う監督さんの判断で、人力での棟上げになりそう。小さいとは言え、付き合わされる大工さんは大変かも。
今日は木工事の作業開始と言う事で、昼に現場に着くと監督さんと大工さんの2人。コンクリートの躯体に木の梁を載せるスチール製のプレートの取付けから始まり、実寸を確認しながらの調整作業の様子を見ながら時間を過ごす。
折角なので最初の1本を引っ掛けるのを非力に手伝った。棟上式は七夕の予定。

MOKU-KOUJIMOKU-KOUJI

ミドリガメ

MIDORIGAME

お寺に亀は憑き物?か。
そもそもこういう所に元来居る筈がないミドリガメが必ず居る。
こやつらは夜店で掬われたミドリガメたちに違いないが、
かわいさ余りに掬ったはいいが、世話好きな子供の予想に反して元気に成長しつづけ、
甲羅が10センチを越えるころには、カワイイからはチョッと遠ざかる。
もうこの頃には生き物を飼う興味も失せて来ていて、
勉強もせず隠れてマンガを読みふける歳になっていた。
でも読んでた漫画は「ぼくの動物園日記」だったり。(ちぃと古いか。。。)
なんて経験者は結構多い筈。(だと思う)
例に漏れず実家で飼っていたミドリガメも結構大きくなった。
狭い水槽で見るからに手狭だけど、狭いマンションのベランダでは致し方ない。
たまに外に出して歩かせてみる。
そんな折、悪ふざけで脅かしてみたら、カメが飛んだ。
走り方が分からないのだろうか。両手両足が交互に動かず、一度に床を蹴って?飛んだ!
さすがにコレには驚いたが、普段走るような(急いで歩くような)コトがないから、
本当に走り方が分からないのかもしれない。
そんなカメも今はきっと万博跡の池にいて、飛ぶ必要はない筈。
救われた亀を見て、救い様のない経験を思い出す。

苔庭:唐招提寺

lichen

今日は少〜し早起きをして、朝から下道を使って奈良まで。
昨日のエントリの通り申請の提出に行き、無事受け付けてもらえた。
後は無事に審査の降りるを待つのみ。
ひと息つけたので、そのまま帰るのはなんだか勿体ない。
道路地図を拡げてみたら、唐招提寺が最初に目についた。ココにしよう。
到着して大門に立つと、向こうにシルバーの折半にスッポリ覆われた金堂が見える。
あ〜そう言えば、しばらく前に平成の大改修を様子をテレビの特番で観ていた事を思い出す。
まあいいか、と拝観料を払ってしばし散策へ。
平日だから人気も少ない。暑くもなく木漏れ日がいい感じ。
昔遠足だかなんだかで、きっと来た事がある筈だけどまるっきり思い出せず、
はじめて来た様な新鮮さに、これは喜んで良いのか?
そんな事を考えながら、一番奥の鑑真和上御廟に辿り着いたら、
手入れの行き届いた苔庭に、一筋の光が差す様子にちょっと感動した。
今日一番の収穫。

新基準

明後日から建築申請の手順が変わります。
耐震偽装のアレコレで、責任所在の明確化と煩雑な申請業務の整理を狙っているようですが、
申請を出す設計者にも、審査業務をする役所や民間機関にもなんだか仕事が増えるばかりな気が。
偽装の発見はともかく、間違いの無い確認申請を進める基礎となり得るのだろうか?
誤字脱字を除く、申請後の訂正は基本的に不可だそうだ。これには参る。
重箱の隅を突かれる様な気分がする。
それよりも場合によれば解釈に巾のある法律で、どこの誰もが同じ答えを導きだせないのだろうか?
これまでも聞く場所によって違う回答をされる事はあった。。。
窓口で相談を進めてOKをもらい、勇んで出して、偉いさんからダメ出しを食らう事は無いのか?
自治体の担当者にOKをもらい、勇んで民間機関に出してダメ出しを食らう事は無いのか?
そんな事で出し直しなんて言われたら、理不尽この上ない。
国土交通省の手引きには建築確認の厳格化と書いてあるが、どことなく疑問が残る。
どこで出そうが、同じように審査のできる手順を考える方が本来必要じゃないのか?
とは言え、おカミが決めた事に逆らえないのが、庶民の弱み?か。
丁度今まさに申請を出そうとしている最中、自分が悪いとは言えタイミングが悪い。
基準が変わってからだと、輪をかけて時間を食うから、
アタフタと準備を進めて、明日提出予定。フ〜。