ループ

仕上表に材料を書き込み始めると、今までボ〜ッとしていたものが、
トタンに現実味を帯びてくる。
アイデアを練っている計画始めは、なんとなくコンナカンジ、アンナカンジ
と好き勝手に考えていたコトが、イザ実際のものに置き換えようとすると、
コレモチガウ、アレモチガウ、ドウモチガウ、と悩みだす。
それでも一応は決めていた材料をネットで改めて検索してみると、
「廃番」なんて書いてあったりするものだから、具合が悪い。
イメージがグラグラと崩れ落ちる。
建築家好みの材料は、どうも一般の方にはお好みでないのだと思えるフシがある。
いや、メーカーや施工者にとってお好みでないのだと言った方がイイのかもしれない。
挙げ句の果て、考えていた事さえもユラユラと危うくなって来る。
気を取り直して、検索を再開するとトホ〜も無く延々と時間だけが過ぎて行く。
現実の厳しさにグッタリ。
世の中は検索で便利になったけど、無限の情報に振り回されそうだ。
もっとシンプルになれないものだろうか。
と頭を切り替え直して、また仕上表に向かうのですが、
これがまたなかなかうまくは行かず、フリダシに戻ってループを描き始めます。

ウルトラマン顔の家

ultra-house

小さい頃は、ウルトラマンや仮面ライダーの基地をよく考えたりしたものだが、
今日、打合せ帰りにウルトラマンの家を発見してしまった。
なんて近くに住んでいたのだろうか。
電車道に面していると言うのに、いままで昼間でさえ気がつかなかった。
だからこそウルトラマンの家に違いない。
ウルトラマンの古里はM78星雲だが、地球での住まいは神戸だった。
煌煌と照るウルトラアイに向かって、思わず盗撮してしまった。
家の立面を考えていると、シンメトリーな具合だと何となく顔の様に見えてしまう事がある。
なんか気持ち悪くなって、崩そうとするとコレが結構難しい。
一旦顔になってしまったら、福笑いのごとく、顔でないようでどうしても顔に見えてしまう。
建物正面は、顔。なんて言うが、本当に顔になると避けてしまう矛盾。
ホトホト困りきって、顔そのものにしてしまう人もいる。
そんな事はどうでもよく、次は仮面ライダーの家を見つけなければならない。
情報を乞う。

設備打合


setsubi
Originally uploaded by hifumiyo.

今日は設備配管について、工務店さんの事務所で打合せ。おおよそ設計で描いたルートで工事を進める。
現場の掘削は、天気の具合を見計らいながら金曜日頃からスタートする予定。いよいよ現場が騒がしくなりそうです。