はじめに


i.jpg
Originally uploaded by hifumiyo.

この計画の記録は工事契約の日からスタートします。
最初に施主さんから連絡をもらったのは、2005年の10月の終わり近く。
ほぼ購入地を決めての相談からスタートしました。今できる事をする。割り切った住まいへの思いは、居住スペースが実質20坪に満たない小さな住居となりました。
計画地は開発された新興住宅地。土地の購入は周りのどこよりも早いぐらいでしたが、着工時点ではすっかり囲まれました。
工事の経過の報告の合間に折を見て、着工までの計画や経緯を徐々に載せて行きたいと思います。

本当の興味:六甲天文通信館

ホームページの整理もせなアカンな〜と思って、
何気なく昔書いてた自分のコラムをふと覗いていたら、
六甲天文通信館に行った時の記述があった。
何気なく載せていたリンクをクリックしたら。アラ、閉館になっている。
帰ろうと思っていたところに、なんだか寂しいお知らせを見てしまった。
昔懐かしい趣のあった施設が、また一つなくなっている。
ここもまた、今の時流に乗り切れなかったのだろうか。
今あるさまざまな施設は、生き残るためにさまざまな工夫を凝らさなければならない。
それは決して悪いことでは無いのだが、どこか過剰になっている気もする。
自分の行った思い出の場所が一つずつ無くなる様子は、思うと寂しい。
努力が足らなかっただけ、と言ってしまえばそれまでだが、
そうした物や事を守る気持ちが、人々の間に無くなって来ている気もする。
つまらないからイラナイ。は、本当にイラナイのだろうか。
六甲天文通信館で見た、家族やアベックの風景は決してつまらなさそうでは無かった。
むしろ純真な気持ちで天文台を楽しんでいたように思えてならない。
次の世代に何かを伝えるのに、今あるモノだけで十分なのだろうか。
ダイナミックでエンターテイメントなシアターだけでは、本物は伝わらない気がする。
こうした基本的なところも知らなければ、本当の興味は根付かないのではないだろうか。
古い考えと言われてしまえばそれまでかもしれないが。

直球勝負

NIKUMESHI

このストレートさは憎めない。
現場に向かう途中で入った中華食堂のショーケースの陳列は、
どれもが直球勝負という感じだった。
はじめてのメシ屋を選ぶ時、大きく二つに分かれる。
ひとつは店構えは小奇麗で、値段はそこそこに高いが、うまいに違いないだろう〜店。
ひとつは店構えは無頓着で、値段はそこそこに安いが、うまいに違いないだろう〜店。
今日はその後者、といっては「まずい」か?
店は満員で、すぐに入れなかったからサンプル模型に見入っていた。
うまそうに見えるとはショージキ言えない。が、興味をそそられる陳列。
ブツブツとコメントしていた。
メイン料理(サンプル)の出来はナンだが、なぜかラップのしてあるライスとスープの出来が良かった。
ラップの裾に溜まったこぼれたスープの色具合は絶妙だ。
それは実物じゃないですか?スタッフの冷静な声。
いや、そんな事は無い、結構ホコリかぶってる。
後ろにお待ちのおばちゃんがクスクス笑ってる。
番が回って来た、直球勝負!にくめし、ぎょうざ。
先に出て来たギョウザを一口。や、うまいやん。
なんだかグルメブログになって来た。
王子飯店
ネット見ていたら、あと一年ぐらいで店を閉めるという情報を見つけた。
2005年11月のローカルグルメ掲示板と、2006年6月のB級グルメブログ。
今は2007年1月。まだやってたよ〜。なにを書いてるやら。。。f(^_^;)
ともにオススメ記事でした。

会釈

今朝は、自宅前工事の基礎屋さんと会釈を交わした。
仕事で現場に行けば当たり前のことが、別な立場で、日常の中でそれがあると、
なんとなく不思議で、どことなく気恥ずかしい。
仕事の様子は結構ていねいそうで、きっといい人かもしれない。
そんな事を感じながらも、自転車に乗れば普段の日常に戻って行く。
去年の後半はバタバタで本業サイトの更新もままならなかった。
ようやく重い腰を上げて、昨日の晩は竣工写真をスキャニングしておいた。
午後から、新作発表の準備を始めることにした。
こればかりをする訳にもいかないが、やらない訳にもいかない。
今日はちょっと冷え込んでいる気もするが、
気持ちだけはフ〜ハ〜言いながら、ページの製作を進めている。
写真さえ貼り込めば、ちょっとはヤル気になれるから、今が肝心。
画像の調整も随分やって来たから、要領よく進める事はできた。
とは言ってもなかなか大変。気がつけば、もうこんな時間。
もうしばし、お待ちください。f(^_^)

要領を得ない

EKI

プランを練ったり図面を描いているウチは良いのだが、
申請業務の時期になるといつまでたっても落ち着かない。
建築事務所たるもの手慣れて当たり前の業務の様な気もするが、
これがなかなか、いつまでたっても要領を得ない。
後は書き込むだけと思っていたら、ひとつ聞きそびれた内容を見つけてしまった。
提出時に確認して書き込む事も出来るだろうが、折角CADできれいに仕上がった図面に、
早々から手書きの追記があっては、いささかさい先が悪いから気になって仕方が無い。
ぐずぐずしてたら顔見知りの営業マンがやって来て、いきなり鼻先を折られる。
うずうずしながら話を終わらし、神戸市役所に向かって昼飯より先に電車に飛び乗った。
案の定、着けば確認するのに5分とかからず、用事が終わってしまった。は〜。
そのまますぐ事務所に引き返すのは、あまりに勿体ないから、
テレビで放送されていた三宮センタープラザ西館地下食堂街にある丼屋に向かう。
昼も少し過ぎていたから、すぐに座れた。
出て来たのは、すじ玉丼。並。前払いで600円也。
これは結構行ける。。。うまい。かも。
と言う事で、今日はお札を払って昼飯食った事にしておこ。
糀屋(KOUJI-YA)

お向かいで

KURA

このところ日曜日の天気はいまいちで、
写真でも撮って遊ぼうかと思っても気が乗らない。
空き地になっていた自宅お向かいの土地で、しばらく前から建売住宅の工事が始まっていた。
今は若い職人を連れた基礎屋さんが毎日来ている。
ひとんちの工事写真を撮っても仕方ないけど、気になっていたから、
2階からの窓越しにコッソリ(ケッコウ堂々とだけど)一枚パチリ。
ついでに玄関からもパチリ。
昔、その広い土地の丁度目の前に建っていたのは平屋でありがたかったけど、
今回は見たところ三等分にしているから、ひとつずつはそれほど広くはなさそう。
きっと同じような家が三棟並ぶのだろうと、ぼんやりと眺めていた。
目の前は駐車場らしき控えた様子が見受けられる。
多少なり、圧迫感が無くて済んだと思った。
建築家のクセに何をコソコソやってるのか、と思いつつも、
しっかり写っていたノボリの社名を検索。
バッチリ見つけた。分譲物件の情報に間取りも載ってる。

3階建てや!うわ〜。
考えりゃ分かる事に今頃気がついた。
しかもダラしなく生活している部屋の目の前は、お向かいのリビング。
3階からだと思いっきり覗けるではないのか!?
訳の分からないマンション反対運動をする皆さんの気持ちが分かるような気がした。
これは職業柄こらえるべきなの?。。。(T_T)
見られて減るもんで無し。が、見えてたもんが減るのは悲しい。
改めてサイトに載っていた間取りを見てボヤき始めた。
なんでこんなプランになるの?えらい勿体ない。このまま建つんかいな?
うう、建つんやろな。。。(T_T)

星の数ほど

整理ゴトなんてついついエラそうに書いてしまったが、
日曜日は家の掃除を始めたら、なつかしい物が出て来たりして整理がつかない。
何をやっているやら。
ムリヤリ掃除を終わらせ、本屋に行って「アニメーションノート」と言う目当ての雑誌を購入。
昨年末に観た映画「鉄コン筋クリート」のメイキングが載っているのだ。
本を開きながらあまりのスゴさにまたまたタメ息。
帰って整理ゴトの前に一息、と思ってデザイン系のブログを巡っていると、
コレまたスゴいサイトが紹介されていた。
まずはコチラ。(注)お仕事中の方は、休憩時間までガマンしてください。
NOTENKI @ .Pictaps
もう一つ、気がついた方もすでにいらっしゃると思いますが、
このブログのサイドバーに貼ってみた【まる。てん.てん・=ほし★】というブログツール。
「【まる。てん.てん・】する」のところをクリックして、しばらく待ってみてください。
あ〜なんて、ロマンチック。
世の中、なんでこんなスゴい事を出来る人が星の数ほどいるのだろうか。

http://roxik.com/pictaps/viewer.swf

整理ゴトから

正月明けからしばらくは、なんとなく日が過ぎる。
気がつけばほぼ2週間を過ごしているのだ。
ぼやぼやしていると、本当に時間が過ぎるのが速い。(年のせいか?歳のせいか?)
今日は、年明け初めての施主さんとの打合せ。
おかげでようやく仕事がスタートしている気にさせてもらえた。
(今頃何を言っているのだ、とお叱りを受けそうだが。。。)
ここ最近、設計仲間の友人と話をしていると、これからの仕事のやり方を皆が悩んでいる。
ヒトゴトでは無い。
業務の進め方や、建築に対する考え方、スタッフとのつきあい方や、クライアントとの出会い方、
そして商売としてのあり方や、時流のつかみ方、自分自身の立ち方、などなど。。。
ホント悩みは尽きない。
話をするのは大抵、独立した個人設計事務所の親方たちだから、
そんな歳でも無い筈と思っているのに、時勢について行けていない苛立は隠せない。
自分探しの旅でもしたいよ〜。なんて言えないのが辛かったり。
冗談半分の中にホンネもチラリ。
はてさて自分はどうすべしか?
器用にアレコレできる訳ではないのだから、日々納得できるようにやるしかないのだ。
かと言って、目先に追われては何も変わらない。よくよく考えないと。
施主さんに、事務所片付きましたね。大掃除大変だったでしょう。と言われ、
んんん、そんなに荒れ放題?だったかしら?むむむむむ。と唸る。
慌てないで、整理ゴトから始めよう。