秋空

miageru

最近は長袖シャツが丁度よいぐらいの気候になってきました。
何となく空も秋めいて、どことなくもの寂しい感じもしたり。
現場に行っても、なんとなく空を見上げてしまいます。
暑い最中のコンクリート工事が遠い昔に感じていたり。

あと僅か

sankaku

ようやく足場の外れた現場の、小さな住宅を見上げると、
主張をしているようなしていない様な、不思議な感じがした。
道路斜線でやむなく三角に切り落とすしか無い屋根裏部屋のような3階が、
大人にはどうでも、子供には楽しそうな空間に仕上がっている。
変形地で敷地のラインに馴染む様に計画した平面なので、
タテもヨコも現場の大工さんには、手間の掛かる仕事には違いないけど、
掛かっただけの手間が、住まいの楽しさに繋がってもらえる事を望むばかり。
灯台のイメージを施主さんがシンボルにした。
明かりが灯るまで、あと僅か。

団欒

danran

久しぶりに岡山の shamrock0306 へ。
訳あって、きれいに片付けられた住まいで楽しいひと時を過ごさせて頂いた。
普段の散らかっている様子は、もちろん知らないけど。
この日のために今月はお掃除月間だったそうだ。
趣味のアイテムが所狭しと飾られていて、楽しんでいる様子が伺える。
打合せ時分、現場時分と変わらない?会話が今も続いているような感じがした。
今度来る時も変わらない気がする。
変わるのが子供たちの成長だけでは、困るのだけど。