グエッ

ヨメさんの姉様から、iPod を買おうかと思うけどどれがいいの?と相談を持ちかけられた。
音楽だけなら30GBでも十分だろうし、映像や写真も入れたいなら60GBでしょうかね〜。
なんて答えながら、あぁ、オレも欲しいな〜。と呟いてしまう。
先の iPod 焼失事件から、仕事場の音環境は劣悪で、
仕方なしにデスクトップで鳴らしたりはじめたが、
こもったモノラル音がファンの音とともに流れだすばかり。
もちろんスピーカーにつなげれば少しはまともには鳴る訳だけど、
そうすると、音量を上げれば、自ずと警告音も一緒になって大きく鳴り響く、
アレコレ鳴らしている訳では無いけど、
グエッとか、チンとか、フォンとか、
でかでかと鳴らされると、なんかオレが悪い事したか!うっとおしいったらアリャしない。
切ってしまえばいい事だけど、チャットやメールの着信に気がつきにくくなるし、
それはそれで寂しい。
勝手にすれば〜という声は聞こえるが、本人にとっては一大事なのだ。
壊しただけに、まともに買い替えるのが腹立たしく、
アップルストアサイトのお買い得な整備済製品を見るも、現行品は納期が遅い。
ど〜しようか迷っているうちに日は過ぎていくばかり。あ〜。
勝手にすれば〜という声がますます鳴り響く。

桑野信介

と聞いて、”建築デザイナー”と答えられる人は、結婚できるかも知れない。
ヨメさんが滅多に触らないビデオを自ら操作し、わざわざ録画して観せられたドラマ
結婚できない男」の主人公の名前である。
彼女が魅せられた主人公は、阿部寛が扮する建築デザイナーだ。
で、結構コレがオモシロイ。
ドラマには住宅プロデュース系の会社も設定され、近頃の住宅設計の状況が表現されている。
もちろんエンターテイメントのドラマだから、都合の良い面も無い訳ではないが、
そんな事はどうでも良く、
桑野信介のキャラクターが建築家像をかなりイイ線で表現されている。
オモシロオカシク誇張されているが、ひとつひとつ細部の性癖に至ってはこんな人いるいる。
うん、いそう、と、意地悪く、建築仲間をダブらせて観てしまいそうになる。
(オレはかなり性格の悪い建築家かもしれない。)
いや、それ以上に自分とダブらせてしまう訳で、クックと笑いにならない笑いをこらえてしまうのだ。
ドラマに表現される建築家像は大抵カッコヨカッて、こんな奴いるか!と思っていた事しばしばだが、
脚本家はきっと相当オモシロイ建築家と家づくりをしたのだろうか?
少しばかり古めかしい建築家像を感じるから、オモロイおっさん建築家だったのかもしれない。
こいつはなかなか結婚できんぞ、と思われた建築家は一体誰なのか?
まあしかし、遠からず当たっているし、桑野信介に親近感を持ってしまうのは、
その気配を十分に自分が持っている証拠かもしれない。
う〜ん、やっぱり危ない。

足りなかった時間「ユナイテッド93」

足りなかった時間とは上映時間の事ではありません。
日曜日に「ユナイテッド93」という映画を観ました。
ご存知の方も多いと思いますが、
9.11にハイジャックされた旅客機のひとつを舞台にした映画です。
映画で真実のすべてを描き出すことは不可能ですが、
監督は被害者の家族とのインタビューを元に、
そうであったかも知れない時間を描き出しています。
リアルな映像を目にしたのは決して遠い昔ではありません。
当日のテレビから流れる映像を通して誰もが目を疑ったその瞬間が、
まざまざと浮かび上がって来ます。
映画の批評や正当性は賛否が分かれるものでしょうが、
遺族のほとんどが映画化を承諾した事実が、
少なくともこの映画を見ておくべき価値の様な気がします。
もちろん娯楽の脚色も英雄談の脚色もありません。
最後の結果を知りながら淡々と且つ刻一刻と時間が過ぎ、
見終わると足りなかった時間を感じました。

トッカエヒッカエ

dasetsu

久しぶりに早起きをした。
躯体最後のコンクリート打設なので、朝8時に京都の現場に到着。
慣れない早起きに身体が順応せず、しかも日差しが強かった。
現場で汗を流した皆さんとは比較にならないが、ケッコウ疲れて眠い。
そんな泣き言はともかく、
9時前から始まって、昼過ぎまでトッカエヒッカエ休み無しでミキサー車が次々にやって来た。
ポンプ車から重たそうなコンクリートが気怠そうに吐き出せされ、
バイブレーターの震える音が響き、
型枠の中にコンクリートが詰まっているか確かめるように型枠を叩く音が絶え間なく続く。
階段周りは型枠が迫って身動きできないほど狭いが、その中に潜り込みながら、
作業を続ける職人さんには、何もせずに上から眺めていては申し訳ないばかり。
後を追いかけながら、パラペットの天端や床面を左官屋さんがコテで押え、
夕方には平滑なコンクリートが静けささえ漂わせていた。
皆さん本当にお疲れさまでした。

お盆休み

yoroi

皆様、お盆休みはいかがお過ごしでしょうか。
外は本当に暑いです。
先日遊びに行った分を取り返そうと思い、事務所にでて仕事を進めるハズが、
先日の余部鉄橋のレポートを作ったりしてしまいました。イカンイカン。
P_kan Site の夏休み絵日記をご覧下さい。
冷たいものを食べ過ぎない様、お気をつけ下さい。

餘部鉄橋ツアー

 
兵庫県美方郡香美町香住区余部 map
2006年8月5~6日

たまたま夕刊のコラムで、餘部鉄橋(アマルベテッキョウ)ライトアップの記事を見つけた。やぐら状に組んだ鉄橋としては日本一の高さを持つらしいが、それがコンクリートの橋梁に架け替えられる事になり、町のお別れイベントとしてライトアップされる記事が書かれていた。
今年の夏はイベントらしいイベントはなにも考えていなかったので、記事を見つけてコレだ!と思い、急きょ民宿の予約を済ませ車で日本海に向かいました。西宮から中国自動車道から舞鶴若狭道に乗り福知山ICで降りて下道をのんびり向かい、片道180キロメートル、およそ3時間半ぐらいの行程になりました。

おお~スゴ~イ!と歓声を上げたのが、上の写真の余部鉄橋到着の瞬間です。
すでに現地には観光バスも数台止まって、民宿に向かう道にはカメラを担いだ鉄道マニア?が大勢歩いています。撮影スポットには一列に並んで、列車の通る瞬間を待ち構えている。思わず鉄道マニアに仲間入りの心境です。きっと賑やかなイベントになる。。。

宿に車を停めてまずは散策、ひと回りするのにそれほど時間は掛かりません。余部駅に行ってみると駅員さんのほかに警備員さんが、鉄道マニアのカメラマンが勝手に軌道に入らない様に監視していました。警備員さんは、皆さんの気持ちは分かるが、何かが起こっては一大事です。と言いながらもほころぶ顔は、この鉄橋が大勢の人に親しまれていることが誇りのようでもありました。

宿に戻ってひと休みし、早めの夕食を頂いてからメインイベントのライトアップを見学に出掛けました。どこから湧いて来たのかしらと思う程、カメラマンがイベント会場の河原に群がっています。
が、しかし、ライトアップは残念ながら期待程ではなく、町の夏祭りの一環ていど。橋梁全体を照らす予算がないのかライトアップはイベント会場の付近だけ、カラオケ大会のステージの明かりの方が明るいくらい。アララ~、なんとなく最後までなごやかムードのイベントでした。それも一興と思い直し、宿に帰ってゆっくりお風呂に入って就眠。

次の日の朝食の時、大阪住吉から来たという年配のご夫婦の旦那さんから、いや~、どちらから来られました?昨日のライトアップ見られました?あきませんでしたな~、むべも無い辛口のご批評。もちろんカメラが趣味で、同じ様に記事を見つけて楽しみに来たそうだ。仕方ないよな~。

それでも折角来た田舎を楽しもうと、この日は列車に乗って隣駅の「鎧(ヨロイ)」まで行ってみました。う~ん、ここはさらに全くなにも無い漁村の集落。ボ~~~と2時間ほど、次にくる帰りの列車を待っただけ。何も無いのをむしろ楽しみに行ったハズですが。。。

車での帰り道は、出石市に立ち寄り「皿そば」を食べてきました。結構これは当たりだったかも。
テーブルにあった記帳ノートに埼玉から来たと言う書き込みがあった。だから、という訳ではないけど、10皿食ったら腹が膨れました。「出石手打ち皿そば 茂兵衛」ご参考まで。

余部鉄橋に限らず鉄で出来た橋梁や駅舎は改築により数少なくなってきました。新しく出来上がるそれらはより安全になるのでしょう。しかし余部鉄橋のリベット打ちに見られる様な手作り感は無く、どれも無機質な感じがするに違いありません。現代のスーパー建築・スーパー土木を見慣れた目には余部鉄橋は敢えて驚く構造物では無かったのですが、橋のある町の風景には生活に根付いた安心感と親しみがありました。架け替えられるコンクリートの橋に町の人がどれほど愛着を持つのだろうか?正直、期待ができない気がします。
それはなぜなのか?単に歴史の問題に置き換えず、その理由を本当はよく考え、次の世代に残すべきものを創らなければなりません。
そんな寂しさをも感じながら、ひとつでも記録に残しておきたい気がしました。

flickr ] 以外の写真を少し載せています

テキスト:2006年8月14日

【参考】

余部鉄橋コーナー ] 香美町の鉄橋紹介コーナー
尾崎屋 ] 泊まった民宿
川戸屋 余部鉄橋のご紹介 ] 泊まった宿ではありませんが、昭和61年転落事故のことも含め、鉄橋の事が詳しく書かれています。
余部鉄橋列車転落 ] 失敗知識データベース

汗まみれ

paint

今日は賃貸長屋のリフォーム工事で、最後の仕上げに、
スタッフ1名。オープンデスク生1名。就職活動中の元オープンデスク君1名にお手伝い願い、
大家さんと共にペンキ工事を進めている。
かく言う私は、午前中こそ養生シート張りをお手伝いしたが、
いいところ?になって別の現場へ向かってしまった。
所用を済ませ夕方遅くに、涼しい顔をしてペンキ工事現場に戻ってみると、
誰もが汗まみれのペンキまみれの勇壮な姿〜多少の疲れも醸しつつ〜となっていた。
接近を心配していた台風が逸れ、晴天の工事日和になったものの、
普段する事の無い作業を一日中するだけでも大変だから、
今日のお天道さまを皆は恨めしく思ったに違いない。
それでも工事はもう一日で完成しそう。
みなさま明日もよろしくお願いいたしま〜す。f(^_^;)

餘部鉄橋

amarube

先週末の旅行先は日本海、カニで有名な香住の西にある「餘部鉄橋」です。
明治45年に開通した海岸沿いの山間を跨ぐ高さ41メートルの鉄橋が取り壊され、
コンクリートの橋に架け替えられるに事になりました。
それを機会にさよなら行事のライトアップが催されるという記事を
偶然見つけたことで、にわか鉄道オタクになってきた訳です。
。。。
と、イントロを書き出したところですが、どうやら夏風邪にかかったようで、
鼻がムズムズ頭が廻らないので、続きはまた後日。
まずは写真をお楽しみください。
グズズ。

とぼとぼ

miageru

ほとほと運が無い。
昨日、京都迎賓館一般公開の抽選にハズレた知らせ(ナント13倍!)が届いたが、
ソレドコロデハナク、2年来苦楽を共にしたiPodがウンともスンとも動かなくなった。
分かりやすく言えば、ツブシてしまった。ようだ。(まだアキラメがついていない。)
明日から1日お休みを頂いて小旅行を計画しているのだが、旅のお供にiPodを連れて行こうと思い、
カセットアダプターとシガーライターからの電源アダプターを購入しておいた。
で、旅行の前にお試しっと、スイッチオン。
いきなりフルボリュームが鳴って驚いたが、それはこちらの不手際。ともかく鳴ったからひと安心。
電源アダプターも使えそうだ。ヨシヨシ。
と思いきや、1曲ほど歌い終えた助手席のiPodが静かになった。アレ〜。
ストップボタンにカバンが当たったのだろうか、運転しながら手に取ったiPodの様子がヘン!?
イヤホンジャックを差し込んでいるあたりの液晶がサーモグラフィーのごとく、
不気味な模様を浮かび上がらせ、沈黙していた。え?
どうもイヤな気がする、いや、イヤな匂いがする。
電気製品が焼けたときの、アノきな臭い匂い。
運転しながら、頭が空白になりつつ、額に冷ややかな汗が。。。
ナンデ!?ナンデ!?ナンデ!?ナンデ!?。。。。ナ、ン、デ!?

嗚呼、コレ以上は悲しくて筆を進められん!
あしたはセンチメンタルジャーニーっだ!

という事で、明日は連絡が付きにくくなります。ご容赦ください。