スキ間

sukima

密集した街中の細い敷地で、監督さんと、
あと10センチ、5センチ、間をとって7.5センチといったやり取りをした現場。
生活を考えると少しでも拡げてあげたい気持ちと、
人も入れない狭い状況だからと、悪い仕事をしてはいけないという気持ち。
妥協をせざるを得ない部分はあったにせよ、
出来上がった隙間を覗くと、いや〜狭いな〜と思う。
それとも、もう少し拡げられたと思うべきなのか。
切り詰めた寸法の中で、内装にかかっても、
この寸法で冷蔵庫は通る?洗濯機はどう?
仕上がってくるに従って、ボードの厚みさえ体感出来る気さえする。
思わず膨らんだお腹に力が入ったり。
そんな状況だから人のすれ違いもままならず、
大工さんも大変そうです。

建て込み

katawaku

今日は夏かと思う様な日差しで、現場から帰ってくると腕が真っ赤。
雨に悩まされつつも、確実に夏が近づいて来ました。
現場では蚊取り線香を焚きつつ、大工さんたちが、
断熱パネルの建て込みを進めています。
渦巻きひとつでは足らないんとちゃう?と思いながらも、そんな事は言えず、
写真を撮りつつ現場をウロウロ。
職人さんたちには蚊よりうっとうしいかも。
断熱パネルも現場の職人さんには、ただただ暑い材料かもしれません。

斎藤裕講演会

昨日、斎藤裕という建築家の講演会を聞きに行きました。
実は学生時代にこの斉藤さんのところでバイトをさせて頂いた事があります。
事務所は東京にあるので、その間、友達の所に泊まらせてもらいました。
友達はすでに働いていたのですが、僕の方が朝早く出勤し、終電で帰ってくる毎日。
確か10日間〜2週間ほどです。
学生時代に一番勉強になりました。
勤めていた間、事務所をはじめてからを振り返っても、未だそうかもしれません。
それだけ、この斎藤裕という建築家は大きく遠い存在です。
建築を習い始めて、はじめて買った本がアルバロ・シザというポルトガルの建築家の作品集。
斎藤さんの作品集はその次に買いました。
今でも、計画に悩んだり思う様に行かない時は、その2冊の本を拡げる事があります。
バイトの間、斎藤さんに言われたいろいろな言葉を思いだす事もよくあります。
とても追いつく事はできませんが、少しでも近づきたいのが本音です。
バイトに行っている間の日曜日、斉藤さんの手がけた住宅を黙って見に行きました。
その家の前に立ち、どうしても中を見たくなり、思い切って玄関のベルを押しました。
インターホンに出て来たのは、おそらくその家の息子さん。
残念ながら両親が外出中だからと断られてしまいました。
次の日いつもの様に出勤するなり、斎藤さんに「お前だろ!○×の家に行っただろ!」と一喝。
叱られた事より、昨日の事がすぐに伝わっていた事に驚きました。
そんな斎藤事務所の思い出を振り返りながらの講演会。
講演会を聴きながら、説教を受けているような気分になったのは僕だけでしょうか?
講演会の後、折角なので挨拶だけでもと思い、控え室まで押し入ったまでは良いのですが、
なんだかペコペコしているばかり。
会うのは多分15年振りぐらいでしょうか。
変わらぬ斎藤さんを前に、まるで学生時代に戻った心境でした。

旅行者

mushi

昨日、京都に向かうため淀屋橋駅で京阪電車に乗り込み、
座席に座って発車のベルを待っていると、窓ガラスに虫が止まった。
始めはすぐどこかに飛んで行くだろうと無視していたら、
なかなかその場を動こうとしない。
向きを変えたり、うろうろしているのだけど、その場にへばりついている。
じっと見ていると、触覚を手入れし始めた。
度胸の据わった奴だな〜と感心していたら、発車のベルが鳴る。
電車は動きだしたのだけど、虫はそれでもその場所をはなれない。
それどころか、スピードが上がり始めると、風に抵抗するかのつもりで、
進行方向に向かって姿勢を整える。
いつ吹き飛ばされるのか、なんとなく興味がそそられ、そのまま見続けた。
しかし根性のある奴でなかなか吹き飛ばされない。
次の駅までそのまま持ちこたえ、何事もなかったかの様に、またうろうろ始める。
人の気配にも動じず、まだその場から離れない。
またベルが鳴る。
繰り返すこと、枚方駅までやって来た時、とうとう自分から飛び立った。
京都までついてくるかと期待したので、ちょっと残念。
としても、すごい大旅行に違いない。ちょっとうらやましい。

配筋検査

tekkin

穴が塞がり建物が地上に顔を出し始めました。
今日は配筋検査で現場に赴きました。
自由の利かない複雑に絡み合った鉄筋に、若い監督さんたちは四苦八苦しています。
現場ではいつもあれこれ議論を重ね、いろいろな形が苦労して出来上がりますが、
出来上がってしまうと、何事も無かったように見えるものです。
一見整理されたシンプルな建物ほど、その工程は逆に難しいものです。
ちょっとした間違いが、そのまま形になってしまいますから、
現場の方も神経を使います。
そんな苦労がスッキリ収まると、ホッとするのも現場の楽しみかもしれません。

空が広がる

sora

今日は京都の物件で竣工写真の撮影でした。
この時期、天気に悩まされるところですが、
合間を縫ったかのような撮影日和の晴れとなり、ほっとひと安心。
最後の夜景撮影の合間に空を見上げました。
京都はまだまだ空が奇麗です。
岩倉に住んでいた学生時代の帰り道は、夕焼けを見るのが好きでした。
碧から紅へ、澄み渡る宙に雲が広がっていました。
大阪や神戸ではなかなか見れません。
久しぶりに京都の空を見上げながら、
学生時代ののどかな風景をついつい思いだしました。

整理整頓

kaitai

阪神西宮の駅前はマンションラッシュで、
ひっきりなしに新しいマンションが建設されているのでは無いかと思う程だ。
そんな中、終盤でタワークレーンが解体される現場があった。
よくもまあ、ウマイコトするものである。
建物はコーナーサッシを使ってあり、マンションとしては思い切った意匠に見える。
あんな高いとこ、どないして拭くのやろ。。。
高所恐怖症の方には絶対に無理である。そうでなくても無理そう。。。
自分のデザインはさておき、他人を心配してしまう。
ガラス掃除のゴンドラでも降りてくるのだろうか。
それじゃ、プライベートもあったものでは無い。
そんな事を思いながら工事現場を通り過ぎるたび、
タワークレーンが無くなって、日に日に外構が奇麗に整理されてスッキリするのが分かる。
自分たちの現場でも最後の最後に、残った道具や材料やゴミが無くなり美装が終わると、
あ〜だこ〜だと心配していた事を忘れ、よ〜出来てるじゃん。スッキリした様子に感心する。
もちろん、よ〜出来てないと困る訳だけど。
何事も、きっちり整理されると気持ちがよい。
なのだが、このところ机の周りが整理しきれず、ため息がでる。
ウマイコトならない。ふ〜。

生命力

今年は事務所にある鉢植えのトネリコの生長が目覚ましいのだけど、
植物の生命力は凄いものだ。
自宅のトイレで育てていたカポックは一時期危ない状態だった。
あわてて栄養剤やら与えて、世話してみたら、
次第にあたらしい芽がいくつか吹いて来た。
うちのひとつがグングンと生長を始めていたので、安心していたら、
今度は成長している芽から上にあった元の茎が枯れ始めた。
あらら、どうなってるのだろう、と様子を見るに付け、
あきらかに自分で生かす芽を選択をしている様にさえ感じる。
自分の普段の行動を振り返ると、こんな選択ができるだろうか。
あれもこれもを追いかけて「二兎追うもの一兎も得ず」である。
このカポックにホント頭が上がらない。
事務所のトネリコにしても、まだ2〜30センチしか無い時に、
2階の花台から風にあおられて落ちてしまった事がある。
あわてて見に行くと、始めからそこにあったかのようにスクッと立っていた。
そのトネリコも1メートルに近づいて来た。
植物の生命力は本当に凄いかもしれない。

健康診断のはず

数日前、市の保険サービスから案内のあった健康診断を受けました。
全うな健康診断を受けなのは、実は学生時代以来。
かれこれ20年近く、健康診断を受けた事が無い訳です。
無病息災とは言い切れませんが、ともかくこれまで大病を患う事も無く、
なんとかやり過ごせた?訳です。
ですが、もうボチボチそんなことも言ってられない歳にもなって来た訳で、
ヨメさんも保険金の行方が気になるはず。
そんな冗談は抜きに、はじめてのバリウムにも挑戦?してきました。
ま〜しかし、看護婦さんやレントゲンの技師さんは手慣れたもので、
ハイ、アッチ向いて〜、では、コッチ〜。次に見えますは〜。
バスガイドさながら、次々案内されて、あっという間に終わってしまいました。
楽しみは血液検査の結果。どんなご報告が出来る事やら。
食事も制限されての診断が、ようやく終わっての一服はなんとも言えず、でした?