でっかい穴

ana

工事前に現場に立つと、敷地が小さく思えるものだから、いつも、
本当にココに計画している建物がちゃんと入るのだろうか?
なんて思ってしまう。
だけど、形が出来上がってくると、小さいとばかり思っていたその土地に、
とてつもなく大きなものが立ち上がっている。
今日は現場に行くと地下室を含む基礎の掘削が終わっていた。
小さいとばかり思っていたその土地に、でっかい穴。
ちゃんと入って、ヨカッタ。

ユーザーの視点

先日アップルが iBook の後継機を出しました。MacBook
あ〜いいな〜欲しいな〜って思わせるアップルの戦略に思わず感心します。
iLife06 というアップルの統合アプリケーションがありますが、
コレを使いだして機能が分かるにつれ、良くできている事にまた思わず感心します。
それまでインターネットはメールをしたり、サイトを見たりと、
情報や通信手段にしか思っていなかったのが、
家族や仲間との共有スペースになっていくアップルの謳い文句が、
決して誇大ではないリアリティのある環境だと言う事を実感させてくれます。
今のマシンでも十分に動くのだけど、MacBook だったら言う事ないよな〜。
なんて、呪中にそのままハマるのも悔しいけど。やはり、良くデキテイル。
そこで、またまた感心してしまいます。
こういう魅力をどうやって醸し出せばいいのだろう。
テクノロジーに溺れずにユーザーの視点に立った心地よさ。
こんなふうにアプローチできないのだろうか、と、思わず自分の仕事を振り返ります。
まだまだ、遠そう。

スタイロ模型

久しぶりにスタイロフォームを刻みながら、スタディ模型を製作。
スタイロフォームは設計事務所の模型材料としてはポピュラーなものだけど、
買うとそれなりの値段もするので、あまり使っていなかった。
今回は、スタッフが現場からもらって帰ってくれたので、ありがたく使わせてもらう。
学生時代にバイトに行くと、スチレンボードやスタイロフォームでの模型製作が定番。
その昔、例に漏れず山ほど作った。
なので、久しぶりの感触になんとなく懐かしささえ憶える。
いつしかディスプレイを前に小手先のスタディを繰り返すようになり、
いつのまにか大筋を見失うような気がしていた。
ざっくりと頭にイメージしながら、細かい事に捕われず作業に没頭するのは、
固まった脳みそのリフレッシュにいいかもしれない。