タフガイ

heating

今日は日曜日ですが、工程の加減もあり現場の一つで午前中打ち合わせ。
地中埋設型の床暖房ヒータの施工風景です。
ヒータの上で座り込んでいるおじいさんは、先の現場でもお世話になりました。
今回で2回目。
名古屋から始発に乗って、現場にはリュック片手に8時半にご到着。
電気屋さんの活躍でお昼過ぎには完了。最短記録だったそう。
が、仕事を済ませると、なんでも無かったかの様におじいさんは名古屋に帰られました。
前回の岡山の現場でも全く同じ情景。
晴天でなにより。
棟上げまでは約一月。

ビープ音

Macintosh のお話。(つづきのつづき)
もう何も無いだろう、と思っていたタイガーがまたも火を噴いた。
突然、以前と同じ状態に陥って、唖然となったのが数日前。
なんでやねん。
とあれこれ記憶を辿るが、心当たりが見つかるはずも無い。
復帰はしたものの不安な動作が続く。
で今日、偶然にも装備しているハズのメモリの容量が違う事に気がついた。
レイ・テン・ゴ・ギガ タラナイ。ナゼ?
システムの様子を確認すると、3枚あるはずの1枚が認識されていない。
メモリが壊れていたのだ。
スロットルを差し替え試してみると、エラーのビープ音が鳴り響き、
起動さえしない。外せば問題なく動く。
夏頃に増設したから、思わず販売店の保証書をさがした。
メモリに記載されているメーカーやら品番やらを照らてみるが、それでは無かった。う〜残念。
レイ・テン・ゴ・ギガ のメモリだと約1万円。
頭の中でビープ音が鳴り響く。
これ以上なにも起こらないコトを祈るばかり。。。

衝動と焦燥

BANKIN

現場で打ち合わせに来ていただいた施主さんに、
この間のブログの写真は小さくてよく分かんないですよ〜、と言う事で、
今日は大きくウラ側?をご紹介。
実は施主さんのブログで堂々とご紹介されている。。。
日も暮れかけて、板金屋さんが今日のお仕事を終える直前ぐらいの情景です。
あまりにあっけらかんと紹介してしまうと、竣工写真の楽しみが無くなるので、
設計者としてはチラホラといやらしく?匂わせておきたい所だけど、
このネットワークの氾濫する情報社会に施主さんの衝動は押さえられない。。。
いろんな意味で。。。(このところにいろんな施主さんが反応されているかも。。。)
そんなわけで、設計者としては全貌を明らかにするつもりはさらさら無いけど、
そんな思いとウラハラに、施主さんの楽しそうな文面に、
このネットワークの氾濫する情報社会に設計者さんの焦燥は押さえられない。。。
いろんな意味で。。。(このところにいろんな設計者さんが反応されているはず。。。)
というわけで、お楽しみはまだまだ先に残しておきましょう。
板金屋さんのとても丁寧なお仕事に、施主さんもお喜びのご様子。
もちろん設計者もです。
はい。