タフガイ

heating

今日は日曜日ですが、工程の加減もあり現場の一つで午前中打ち合わせ。
地中埋設型の床暖房ヒータの施工風景です。
ヒータの上で座り込んでいるおじいさんは、先の現場でもお世話になりました。
今回で2回目。
名古屋から始発に乗って、現場にはリュック片手に8時半にご到着。
電気屋さんの活躍でお昼過ぎには完了。最短記録だったそう。
が、仕事を済ませると、なんでも無かったかの様におじいさんは名古屋に帰られました。
前回の岡山の現場でも全く同じ情景。
晴天でなにより。
棟上げまでは約一月。

ビープ音

Macintosh のお話。(つづきのつづき)
もう何も無いだろう、と思っていたタイガーがまたも火を噴いた。
突然、以前と同じ状態に陥って、唖然となったのが数日前。
なんでやねん。
とあれこれ記憶を辿るが、心当たりが見つかるはずも無い。
復帰はしたものの不安な動作が続く。
で今日、偶然にも装備しているハズのメモリの容量が違う事に気がついた。
レイ・テン・ゴ・ギガ タラナイ。ナゼ?
システムの様子を確認すると、3枚あるはずの1枚が認識されていない。
メモリが壊れていたのだ。
スロットルを差し替え試してみると、エラーのビープ音が鳴り響き、
起動さえしない。外せば問題なく動く。
夏頃に増設したから、思わず販売店の保証書をさがした。
メモリに記載されているメーカーやら品番やらを照らてみるが、それでは無かった。う〜残念。
レイ・テン・ゴ・ギガ のメモリだと約1万円。
頭の中でビープ音が鳴り響く。
これ以上なにも起こらないコトを祈るばかり。。。

衝動と焦燥

BANKIN

現場で打ち合わせに来ていただいた施主さんに、
この間のブログの写真は小さくてよく分かんないですよ〜、と言う事で、
今日は大きくウラ側?をご紹介。
実は施主さんのブログで堂々とご紹介されている。。。
日も暮れかけて、板金屋さんが今日のお仕事を終える直前ぐらいの情景です。
あまりにあっけらかんと紹介してしまうと、竣工写真の楽しみが無くなるので、
設計者としてはチラホラといやらしく?匂わせておきたい所だけど、
このネットワークの氾濫する情報社会に施主さんの衝動は押さえられない。。。
いろんな意味で。。。(このところにいろんな施主さんが反応されているかも。。。)
そんなわけで、設計者としては全貌を明らかにするつもりはさらさら無いけど、
そんな思いとウラハラに、施主さんの楽しそうな文面に、
このネットワークの氾濫する情報社会に設計者さんの焦燥は押さえられない。。。
いろんな意味で。。。(このところにいろんな設計者さんが反応されているはず。。。)
というわけで、お楽しみはまだまだ先に残しておきましょう。
板金屋さんのとても丁寧なお仕事に、施主さんもお喜びのご様子。
もちろん設計者もです。
はい。

危険が一杯

大学の非常勤講師をしなくなってから、本屋に行く機会がめっきり減りました。
事務所の往復に小さな本屋はありますが、そこではなかなか用が足せない。
今日は定期購読の建築雑誌がとどいて、ちらほら眺めていたり、
アマゾンからのDMで気になった書籍の評を読んでみたり。良さげならチェック。
脚は遠のいたものの、便利な世の中です。
とあぐらを掻いていると、今朝届いていた引き落としのカード明細の中に思い出せないものが。。。
店の名前は載っているものの買った品物が分からない、一体ここで何を買ったのだろう。。。
う〜ん、なんだろ〜、はて。
徐々に焦りが見え始め、頭を抱えながら日付を追ってメールの履歴を検索。
もしやと思って気がつけば、それはヨメさんの誕生日に買ったプレゼントだった。
直接買った店でなく、配送代行の店の名前だったからすぐに気がつかなかった。
ふ〜やれやれ。
自分のものを買ったときは詳細を覚えていても、
人のあげるものをどこで買ったかまではしっかり覚えていない。ましてや今回のような場合。
我が身をよくよく振り返っておかなければ、ネット社会は危険が一杯です。

フタの裏には

昨日、事務所に現れたヨメさんにガラクタを増やした事を見つけられた。
開口、いくらしたん?
(・・) ・・・・・・!
すでに気がつかれた方もいるかもしれない。
そう、愛知万博のスイス館で入館者に手渡されていた音声ガイドである。
側はスイス軍の使用していた懐中電灯。
ボタンを押すと強力に光って、ガイドがしゃべる。。。
しかも世界で400個の限定生産品だぞ〜。と説明書に書かれている。
だから。。。
(・・) ・・・・・・!
フタの裏には418とあるけど。。。
もちろんスイス軍は口は割らない。

世界の原理

leveler

今日も現場に向かう間に、事故渋滞に巻き込まれた。
どうもタイミングが悪い。
おかげで昼飯の時間を失い、コンビニでパンを買って車の中で済ませた。
前回も同じだが、渋滞を抜け出たときには事故の跡は無く、
原因を直接見ないものだから、なんだか腑に落ちない。
前回と同じトンネルを抜け出たころで渋滞は緩和される。
事故は同じ場所付近だったのかもしれない。
なんだかその様子を見ながら人体に流れる血流を想像してしまった。
高速道路は、さながら大動脈か大静脈。
走る車は、赤血球だか、白血球だか、ヘモグロビンだか、血小板?
不謹慎な想像だけど、事故現場は無理をしてしまうとコリになりやすい箇所。
原因を取り除いてもすぐには流れは戻らなく、ほぐれるには時間がかかる。
そんな事を考えると、都市はひとつの生き物で、
さらには世界はひとつの生き物で、、、
ミクロもマクロもどこまでも同じ原理が働いている。
そんな訳?だから、せかせかしても仕方が無い。
健康的な安全運転が第一である。

写真は現場に据えられたレベラーです。
傘をさしたザクではありません。

ひらがなけんちく

ここ十日ほど、一日おきぐらいにに打ち合わせ。
マックのドタバタもあって、さすがに頭が疲労しはじめた。
一息ついて頭を整理したい気分。
この間のマックのメンテ中、読みさしの本を読み終えた。
理屈をこねたがる男性諸氏には一読良いかもしれません。
ひらがな思考術
屁理屈屋さんに陥らないで、心で建築を語れないと。。。
ひらがなけんちく。

風邪

このところ急に寒くなりだして、肩に力が入ってかなわない。
昼間はよいお天気が続くが、その分夜は冷え込みます。
急な気温の変化のためか、スタッフの一人がとうとう風邪でダウンしてしまいました。
体温計で熱を測った(それも嫁さんに計らされた)のは、たしか震災の後ぐらいだった気がします。
医者に連れて行かれたのも、その時ぐらいだったろうか。
その前はいつだったろう。。。
滅多に薬を飲む事もなく、不健康な生活にかかわらず大病は今のところありません。
ただ無さすぎのためか、
本人は至って健康のつもり?でいるのですが、むしろ危険と言われる方が多々な気も。
むろん風邪を引かない訳ではなく、ゼイゼイ言いながらもタバコをやめずにいたり。する訳で。
風邪だと感じたら、栄養つけるぞといきおい王将に行ってレバニラとギョウザを食べて、
帰ったら熱い風呂に入って、着ぐるみのようになって、ドリンク剤を飲んで、お酒も少々。
首にタオルを巻きつつ毛布を重ねて布団に入り、タップリ汗をかいて、次の日の朝まで直す。
と言うのが、いつもの標準パターン。
最近は歳のせいか、引きずる事も増えてきた気もしますが、7〜8割はこれで直します。
そんな話をスタッフしていたら、
さらにマスクをする。という上手がいた。う〜ん、それは思いつかなかった。
苦しいじゃん。
ともかく健康には気をつけましょう。