川島織物

今日の午後は京都市左京にある川島織物へ社会見学。
古い染織品の復元について講義を受けたり、
20Mを越す大型の織り機から織られる劇場などに掛る緞帳(ドンチョウ)の製作風景や、
昔ながらの織り機で作られる着物の帯の製作風景などを見学したり、
博物館に展示された織物やその下図を鑑賞してきました。
川島織物と言えば織物業会では大手ですから、実は行くまで、
機械化された工場の風景を見るのだと思っていたのですが、
実際見学した工場は、美術工芸を中心とするまさしく匠の手作業の現場でした。
もちろん一方で機械化された工業製品もあり、先端の技術の紹介も受け、
また一方で、正倉院に納められている古代の美術品の復元作業など、
伝統を守りつつも現代にその技術を生かす巾の広さに驚きました。
凄いもの作りの現場に出会えた気がします。
3時間の見学があっと言う間でした。

秋の気配

このところ暑さはマシになって来ましたが、
どうもジメジメして嫌な毎日ですね。
普段のつもりで冷房をつけていると肌寒くなるし、
切ってしまうと湿っぽい。
台風情報がまた耳にするようになって来ました。
去年はイヤになるほど台風続きでしたが、今年はどうなるのか。
現場が始まっているので、お天気を祈るばかりです。

手探り

今日は午前中、ダイアログ・イン・ザ・ダークというワークショップに参加して来ました。
数人のグループで設営された暗闇の中に入り、普段気づかない感覚や、
人とのコミュニケーションを再発見するための体験型プロジェクトです。
1989年からドイツで始められ、日本では震災後神戸で開催されました。
世界中では200万人以上の方が体験されたそうです。
その内容の説明をするのは、これから体験してみたい方には迷惑なので控えますが、
興味のある方は公式サイトをご覧ください。
言えることはタイトルのまま、
暗闇の中にはいって、空間、環境、人、自分自身との対話を楽しむ。
真っ暗闇のなかで、一歩を踏み出す手探りが色々な感覚を呼び起こします。
と言った感じでしょうか。
良いプロジェクトだと思いましたので、ご紹介でした。
巡回しながら各地でされているようです。
機会があれば一度体験されてみてはいかがでしょうか。

雨男?

昨日、日曜の棟上げでした。
どういう訳か棟上げの日に雨が多い気がする。雨男だろうか。
少々曇り空を気にかけながら現場に向かった。
昼過ぎまではまだ良かったが、午後雨に降られてしまった。
出来上がる少々もの珍しい家の形に、道を通る人の目を引く。
なにしろ今回の敷地は四方から見渡せる。目立って仕方がない。
リビングに掛る大きな梁が最後に取り付き、目標にはこぎ着けホッとする。
夕方には大工さんの祝詞でささやかに棟上げ式を執り行った。
夜は、施主さんの計らいでスタッフ共々宴にお呼ばれ。
施主さんは一日お付き合い頂いて、少々お疲れ気味。
それでも現実になるに従い、想像が膨らむ様子。
後数ヶ月ですが、よろしくお願いいたします。

残暑お見舞い申し上げます。

お盆休みは、皆様いかがお過ごしだったでしょうか。
まだお休みの方もいらっしゃいますね。うらやましい限りです。
こちらは、休み中ほぼ毎日飲み食いで終わってしまいました。
折角揃えたデジカメ一眼も、家族スナップばかり。
小旅行にでも出かけたい気分です。
朝晩少しずつ冷え込む様になってきました。
身体にはお気をつけ下さい。

行楽気分

今日も車が多かった。
帰省や海水浴やらで世の中は大移動が始まっている。
こんな時に打合せに行くものではない。ですよね。
昨日も今日も朝から打合せがあり、いつもよりずっと早くに起床して、
眠たい目をこすりながら折角スタートしたと言うのに、とんでもない渋滞。あ〜。
普段よく利用するサービスエリアなのに、いつもと違う風景が広がる。
遊びに来た訳でもないけど、行楽気分のお裾分けをもらうしか無い。
そんな訳で、昨日はいつもは通り過ぎるお土産売り場に寄ってしまった。

セミの声

暑い日が続きますが、皆様お身体は大丈夫でしょうか。
気がつけばもうお盆前。
残暑は続くでしょうが、暦は秋になりつつあります。ホントかな。
この近年、どうも夏を夏らしく感じない。
事務所にいるとあまりセミの声も聞こえない。
小学生の頃はうだる暑さのなか、セミの大合唱を聞きながら、
風通りのよい廊下でゴロゴロしているだけで、夏を過ごす実感があった気がする。
そんな事ができなくなった歳になって、鈍くなったのだろうか。
お盆休みに皆さんはどこかへ行かれるのでしょうか。

カメラ到着

悩みに悩んだデジタル一眼をとうとう購入。
そんなスゴイものを買った訳ではありません。
ペンタックス *istDS 。
一番の決めてはシンプルさと軽量な事。
カメラ評のサイトを廻り、予備知識だけは詰め込んで、
同じペンタックスの新製品 *istDL とを店先で比べて悩み込んだ。
で、ヨメさんにコレ買うから。。。と同意を念のため求める。
はあ。。。気のない返事に負けず、決めてしまった。
いつのことかは分からないが、
上達したらお披露目しよう。