つけ

時間はあるようで無い。
スケジュールを正すと、いままでのどんぶり勘定につけが回る。
自分の出来ることなどたかが知れていて、
そんな事は分かっていたはずなのに。。。と後悔する。
きっちり決めていたはずのスケジュールも、
ハプニングに巻き込まれて、無造作にかき回される。
仕事は大概そんなもの、ではイケナイ。と、右往左往している。
眉間にシワを寄せながらエクセルをにらむ。

パラドックス

建築のデザインとは何ぞや?
と考えさせられるきっかけは、日頃の業務の中で度々訪れるもの。
現象的、表層的なものから、根源的、深層的なものもある。
時代、地域、環境、生活などなど、様々な要素が複雑に絡み合っている。
その中から何を選び出して、昇華(消化)させて行くのかは、
さまざまな人間に絡まれながら、日々頭を抱え込む設計者(デザイナー)の
趣味や趣向に最終的に左右されるのは必然に違いない。
どんなに客観的に理論づけて設計を進めても、どこか恣意的な操作がはいる。
ならば思い切って濃厚な個性を打ち出すのか。

今日は、ある住宅プロジェクトのデザインの方向性について、
関係者が集まりブレーンストーミングをした。
恰好良く書いたが、なんだかますます迷いが増えた。。。
普段個性的な施主さんに恵まれると、個人の住宅に一般解がある訳がないと強く思うのだけど、
商品としての住宅を企画する今回のプロジェクトでは、まるで逆回転。
普遍的な家族像を求める訳では無くとも、なんらかの共通項を見いだし一括りにまとめようとする。
対象として狙うある方向性をもつグループにいかに訴えかけるのか。
そのハートを的確に掴むのも、建築のデザイン?だろうか。
まるで流行に敏感でありたい自分と、流行に左右されたくない自分が共存する
パラドックスのようなものかもしれない。

仮設劇場

昨晩、コンペによって建設?設置された仮設劇場「WA」で行われた
シンポジウムを聞きに行きました。
ビニールの透明チューブと白い布の短冊によってドーナツ状に丸く囲われただけの空間です。
大阪港の倉庫の中に設営されていました。
最優秀となりその劇場を設計した建築家も参加しているという事もあって、興味津々。
印象は劇場というよりも演劇をするための装置といった赴きでしたが、
此処で行われた演劇祭がどんな様子であったかは見逃してしまったので想像するしかありません。
最終日と言う事もあってシンポジウムの後、クロージングパーティーに参加。
折角なのでその建築家の方に声を掛け、少し話を聞いてみたりもしました。
現代アートの作品にも見える、洗練されたシンプルな空間は、
建築家と話をしたドライな印象ともオーバーラップする気がします。
なんとなく関西の気風と違うよな。
そんな印象を持ったのは僕だけではないような気がしますが、
どこからそんな印象を持つのかが、むしろ自分自身の興味かもしれません。

屋台で買った「もつなべ」が結構いけました。