混沌な文化

少し前、以前務めていた事務所の親分から一通の手紙が届いていた。
ルーマニア国立放送交響楽団ナショナル・ラジオ・オーケストラの案内が同封されていた。
ルーマニアにケアセンター設立のためのチャリティコンサートで、親分は一役協力しているらしい。
愛・地球博参加記念行事「ルーマニア・フェスティバル2005」の一環でもあるようだ。
と言う訳で、半ば強制された心持ちでチケットを買い、本日夕刻に駆け込みでシンフォニーホールに入った。
メンデルスゾーンやブラームスなど聞き覚えのある曲目だったから、
心配をよそに、クラシック音痴の僕にも飽きずに楽しめた。
久しぶりにフルオーケストラの壮大な交響曲に、時間を忘れて音楽に浸れた感じです。
ただビクターが協賛しているから?なのか、若い演歌歌手が中盤に出演する、
なんだか妙なコンサートでもあった。なんで、演歌歌手なんだろうか。
オーケストラをバックに、クラッシックのホールでマイクを持つ立ち姿は、
彼には悪いがしっくりこない。紅白歌合戦の収録の様にも思える。
帰り道、クラッシックを聞きに来たハズなのに前を歩く女性たちは、
彼のファンクラブらしき話で盛り上がっていた。
文化を差別する訳では無いが、首をかしげてしまう。
そんな事を思いながらも、腹が減ったので中華屋に入って五目ラーメンを食べた。
何を隠そう昼も中華だった。
人の事は言えないかもしれない。

飯屋で絶句

久しぶりに飯屋で絶句した。
事務所の連中と昼食で、新装開店の中華料理店に入ったまでは良かったが、
どう見ても手慣れない店員さんが、てんやわんやと用意している厨房の様子が見える。
ようやく出て来た餃子定食のまずはスープに口をつけると生暖かい。
というより、用意している間に冷えてしまったという感じ。
う〜む。と思いながら、かわいらしく並んだメインの餃子に箸をつけると、
なんとなく、でなく、粉っぽい。
他の連中に出された品を見渡しても、なんとなく不安に駆られる。
後ろの席で、別の客は餃子がうまいと店主に声を掛けている。
出しなに横目で通り過ぎた。
どうも、自分にだされた餃子と違うようにしか見えない。
店を出て、皆が口々に口火を切り出した。
そう、どう見てもあれはワンタンだ。

環状線にでも

最近めっきり本を読む事が無くなった。
大学に非常勤講師で通勤していた時分は、電車の中で読んだり、
それをきっかけに読む機会があった。
ちゃりんこで10分足らずの事務所への通勤ではままならない。
以前はひとしきり読んでいたメールマガジンも、すっかりご無沙汰。
読書が趣味など、口が裂けても言えなくなってしまった。
これはイケナイ。
そのくせ本は好きだから、本屋に入るとついつい買いたくなる衝動にかられるから困る。
本棚にますます横積みの本が増えてしまうのはまだしも、
何を買ったか忘れてしまうこともしばしば。
環状線にでも乗らないと消化できない。