ほのぼの実験

屋上緑化などに使うココヤシマットを事務所の窓際に吊るし、
うまく育つのかどうか遊んでいる。
いやいや実験している。
小学校のころに遊んだ学研の科学の付録の様だけど、レッキトした建材である。
日に日に陽気になり、すっかり緑に覆われた。
クローバーやらハーブやら、スタッフたちが巻いた種が見事に芽吹いた。
窓の向こうに小さな野原が出来て、ちょっと楽しい。
その窓は事務所の台所の横にあり、お茶を入れに行くたびほのぼの出来る。
生命力たくましい様子に、
気ぜわしい日常を和らげてもらえるような気がします。

目薬

最近どうも目が疲れやすいのか、
帰り道にチャリンコで風を切ると目がショボショボとしていた。
今朝はホコリガ目に入ったのか、目が思う様に開けられず、
あまりの鬱陶しさに薬屋に入って目薬を求めた。
ショーケースに並ぶ目薬の山を見つめて、
あまりの数の多さに何を買えば良いのか迷ってしまう。
一体何が違うの?
分からんので店員に聞いてしまった。
が、納得のいく返答は得られず。
取りあえず、なんとなくで決めてしまうしかない。
鬱陶しいのは解消されたから、良しとするか。

急ぎ過ぎ

世の中急ぎ過ぎなのかもしれない。
先日の脱線事故のカーブでは、
日頃でも制限速度の70キロ内で走っていたかどうか怪しい。
といった話を聞いたりもした。
時間を守る事は大事だけど、
それ以上に大事な事を見逃しては、何の意味もない。
が、事を起こしてからで無いと気がつかないのが、世の常。
それは時間だけではないかもしれない。
自分自身を振り返っても、いろいろな事に追い迫られて、
本来守らなければならない事に気がつかず、通り過ごしてしまう。
後になっても失ったものは取り返せない。
そもそも何が大事なのか。
ゆっくり考える時間を持ちませんか?