趣味と実益

ところで、先日買った画集というのは、
大友克洋の映画「スチームボーイ」の背景美術の画集です。
ページをめくるたびにため息がでそうな描き込みの絵が続きます。
ホントスゴイです。1万円は安かった。かも。
こういう商売をしていると、趣味と実益がどうも曖昧になる。
自分だけなのか。。。どうか。
試料収集とこじつけ、趣味の本に手を出してしまう。
サンプルをメーカーから取り寄せるにも、
必要に無いものまで目が向き、ガラクタを溜めてしまう。
それが楽しいからやっているんかもしれませんが、
まとまりの無い所長に、スタッフは呆れているかもしれません。

お断り

このところ、打合せやらなんやらで出かける事が多い。
で、ついつい外食が続いているものだから、
スタッフから、今日はなに食べて来たんですか!
とお帰りと言われる前に、問いただされる。
これもお仕事(?)です。とニンマリしながらごまかす。
今日も一日施主さんとの打合せ。
食事をしながら、このブログの事も話題にあがる。
事務所の雰囲気や仕事の様子がなんとなく伝わって良いです。
と言ってもらえてありがたい。
それ以上に、こまめに読んでもらえているのに驚く。
そうした事は度々で、なんだか気が抜けない。
帰って来てメールをチェックしたら、
先日話題にした別の建築家さんに依頼された方からの「お便り」に、
また別の方からメールが届いていた。
ほとんど毎日拝見しています。とますます気の抜けないお言葉。
ありがとうございます。
プレシャーのかかるブログになって来た。
と書きつつ、気ままにします。とお断り。

資料収集

昨日資料収集で、本屋にスタッフと立ち寄った。
建築本からはじまり、美術書を廻って、最後にコミック売り場に行く。
マンガ売り場はご存知のように、どこもビニール包装をして中身を確かめられない。
が、どうしても確かめたい本を見つけた。
アニメの背景美術の画集といえ価格はイチマンエン弱。
中身を見ない事には手を出せない。どうしよう。
で、店員さんに中身を確かめたいからめくってもらえないか。と尋ねてしまった。
が、その本は書店での包装でなく、出版社が始めからビニールを巻いていた。
ちょっと無理ですねぇ。
あきらめられないから、中身の分かるパンフはないかと詰め寄った。
店員さんは確かめてみます。と、ごねる客に渋々奥へ。
しばらく待つと出版社に確かめたらしく、中身はカクカクシカジカだそうですと説明してくれる。
と、さらに中身が見たくなってしまった。
大の大人が2人してアニメ本にう〜んう〜んと唸っているものだから、
ネットかなにかで確かめてきますと、店員さんがまたまたさらに奥へ。
またまたしばらくして戻って来たら、開けて見ますと一言。
と思わぬ展開。
ぱらぱらめくって、お、いいじゃない。買います。
店員さんはほっとしたご様子。
いやはや、お騒がせいたしました。