インド洋大津波

昨夜NHKの番組で、去年の暮れに起きたインド洋大津波の全容を放送していました。
実映像とCGによる詳細な解説を見ながら、改めて自然の猛威を感じます。
10Mの高さに及ぶ津波に押し流される街があるかと思えば、
1Mに満たない水の流れにどうする事も出来ない様子が、刻々と流れます。
現地の人でさえ、すぐそばに危険が迫っている事に気づかない事で、
被害を拡大してしまった数々の原因を紹介していました。
もしその現場に居合わせていたら、自分が生き残っていられたとはとても思えません。
分かっているようで、まるで分かっていない自然の怖さに圧倒されました。
今、住んでいる場所も浜近く。
いつそんな大災害に見舞われるかなど、想像できる訳もありません。
ただ幸せにいられる事をありがたく思うしかない。
そんな気がしました。

ディープ

しばらく前から、スタッフとして事務所に来て頂いている男性がいます。
以前のつとめ先が、名の知れた大手だったので、
申し訳ない?事に当事務所では、○○○(社名)さんの愛称で呼ばれています。
今日は、先のブログに書いたオープンデスクの男の子も一緒に、
事務所近くのお店で歓迎会をしました。
毎度ながら、ディープなお店?でディープな会話?となりました。
何がディープなのか、よくわかりませんが。
そんな訳で、ワイワイガヤガヤとディープな日々が過ぎています。
これからはディープな建築?を目指して行くのでしょうか。
この先ますます、ディープな様相です。

散髪

年末から切れずにいた髪の毛をようやく切りに行けました。
初めてのお店。
ずっと使っていた店がどうやら閉めてしまって、
その後、別なところにも行きましたがどうもしっくりと来ない。
僕は散髪のとき、どちらか言うとボ〜としたいので、
無理に話しかけてこられるのが、実はあまり好きでありません。
昼寝気分でウトウトとしていたい方なのです。
でなければ、気に入るカットをしてくれる店が良い。
短い頭のくせにと言うなかれ、むしろ美容師さんのセンスや性格がよく分かります。
例えば、横手はかなり短くしてもらいたいのですが、
はじめに伝えておいても、一発で思い切って切ってくれる方がいません。
眼鏡を外していると、鏡に映っている自分の頭の状態も実は良く分からず、
こんなものでいかがですか?と眼鏡を返されてから、もっと思い切って切ってください。
すると、伸びるの早いですね。と返されるのが毎度のパターンです。
はじめに言っておいたのに。。。
そんな訳で、どこにしようかと案外悩むのです。
今日のお店は、カットの具合はまあまあ良かったですが、いまいち落ち着かない。
次回はどうしようか。
まだまだ悩みが続きそうです。