1月の終わり、2月の始まり

昨日は、久しぶりにヨメさんと淡路島へ。
snug の竣工写真を施主さんにようやくお渡ししに、
KichiKIchi に集まって、皆でひとときを過ごしました。
one-story のちゃぶ台を作ってくれたF君も参加。
なんだか同窓会のような不思議な感じです。
( 我々夫婦だけが歳は離れていますが。。。 )
淡路島に行くと、いつも独特の時間の流れを感じます。
それがいつも心地よく、
今では淡路島に行く事がひとつの楽しみになっています。

今回は淡路島に橋で渡ったあと、橋の真下にある道の駅に寄りました。
お昼を済ませようと、焼き穴子丼を頼んでみたら、
いや、これがなかなか旨い。思わぬ収穫。
でもここに来た目的は、橋の真下に立つ事です。
鉄骨のフレームを吹き抜ける風が、微妙な音を奏でているのが聞こえます。
始めて来た時、台風がくる前だった事もあって風が強く、
まるで現代音楽のような音色が鳴り響いていたのに感動したのです。
昨日も少しだけ風の強かったので、ちゃんと聞く事ができました。

そんなこんなで1月も終わりでが、今はすでに2月の始まり。
寒さもあと少しです。

お疲れさま

去年のお盆前に面談に来たオープンデスクのOちゃんが本日卒業。
と言う事で、キタで送別会。
なんだかんだと随分長い間、頑張ってもらいました。
彼女の働きで、仕事を取る事もできました。
スタッフを十分サポートする働きをしてもらえました。
改めて感謝です。

振り返ってみれば、本当にたくさんの方に助けてもらっています。
それがきっかけで、なかなか体験できないだろう事もあります。
何かしらの縁を感じざるを得ません。
A型6割、O型4割、微妙にB型だそうな所長の居る当事務所で、
不平も言わず、共に季節の移り変わりを感じつつ、助けて頂きました。
本当に感謝です。

凡人がイイ

また昨日の深夜のNHKの番組の話になりますが。
荒俣宏夫妻が出演していて、またもや見入ってしまった。
小説家であり、もちろん世にも知れた博物学の権威だと思うが、
そのキャラクターはなんというか。。。
脳みそに詰まるその知は膨大なのだけど、無邪気な子供と言っていい様な悪い様な。
こんな人を相手に、人生を楽しめる奥さんがエライと思ってしまった。
夫が雨の日に傘をさして庭に水撒きをしていたのを、目撃したらしい。
うむむ〜。
残念?だけど、こうは成れないな〜。
凡人を突き進むしかありません。

クリエーター

昨夜、NHKの再放送番組でCMプランナーの取材番組をしていました。
「亭主元気で留守がイイ」と言えば、誰でも知っているフレーズ。
電通関西の石井達矢と言う方。現在55歳だそう。
広告賞の最高峰・カンヌ国際広告祭など世界的にも高い評価を受けるCMの第一人者。
月に2本のペースでCMをつくり続けている超現役のプランナーです。
その気迫のある現場の様子に、時間を忘れてついついのめり込んで観てしまいました。
最近の作品なら「ジョージア」とか。
番組では矢沢永吉を起用するCM作りを追いかけながら、毎日の風景を映しだしています。
たった15秒。
時間が追い迫る中、永ちゃんに出演を断られたり、クライアントにダメ出しを食らったり。
それでも信念を曲げず、諦めず、新たなアイデアを捻出します。
説得の末、出演の承諾を得たそのCMの撮影は、スタッフがなんと200人。
まさしく妥協の許されない世界でした。
作る姿勢は厳しくも、笑いを絶やさない石井さんのクリエーター哲学は学ぶしかありません。
「子供にバカにされるようなフィルムじゃないと世の中に広まらない」
そうか。。。目からウロコの気分です。

設備いろいろ

計画が進むと、どうしても設備の話は避けられない。
冷暖房、空調、キッチンなどなど。
オール電化はどうですか?これが一番多い質問かも。
コストはもちろん、建物の仕様や環境、施主さんのライフスタイルもあるだろうし、
そのたび調べてはみるものの、なかなかこれがと言った解答を得るのにひと苦労。
おそらくどこの設計者も悩んでいるのではないかしら。
いろんな方式を施主さんに提示され、ほんと勉強です。
今日はそんなこんなで一日が過ぎました。
設計をしている友人もこの間、オープンハウスに来られたお客さんに、
思わぬ質問を浴びせられ、ヒヤヒヤしたとか。
施主さん方の情報の多さ、早さに毎日冷や汗ものです。

日常

事務所は今、現場のある物件を抱えていないので、
基本計画や実施計画を皆でせっせと図面にする毎日です。
模型を作ったり、パースを作ってみたりもします。
細かな納まりが気になり始めると本や雑誌をめくって頭を抱えます。
カタログ請求や質疑でメーカーに問い合わせたり。
建築雑誌をめくって勝手な批評会になったりもします。
あれはどう、これはどう、自分の事は棚に上げながら。
思う様に図面が進まないと、ついついよそ見。
ここのところ、建物見学にも出掛けてないし、
ぼちぼちどこか観に行きたいなと思う今日このごろです。

五重塔

五重塔は本当に蛇のように揺れるのか?
五重塔は地震で倒れていないのはなぜか?という検証の模様。
立派な五重塔のミニチュアが、振動実験台に載せられて
ユッサユッサされている様子が見られます。

小学校の低学年時分、まさしく法隆寺のある斑鳩で過ごしました。
そんな時分から建築を志していた訳では、もちろんありませんが、
図画工作の時間に法隆寺へスケッチに行ったりもしています。
五重塔はカッコいい!と思って、画用紙に描いていた事を思い出します。
さすが重要文化財ですから、外国の方も見学に来ています。
ドイツと日本の国旗をあしらったバッチをもらった事がありました。
そのバッチを長い間大切にしていましたが、今はもうどこにあるかわかりません。
日本人から見ても、外国の人から見ても、
いにしえからある美的感覚が今も変わらないと言う事に憧れます。

おせっかい

今日のお昼間はプレゼンテーションでした。
ようやく、自分なりにイメージが固まってきた気がしていましたが、
施主さん側から見ると、どんな風に見えるのでしょう。
同じ一つの住宅を目指している訳ですが、その思惑は間違いなく違います。
打ち合わせを重ねて、あれこれ聞く施主さんの生活感を想像し、
自分達の作り出した空間にその未来像を重ねます。
考えてみれば、スゴイおせっかいな事かもしれませんね。

Mac mini 見ました。う〜ん、イイカモ。

プリンタ帰還

昨日はブログのサーバーが混雑していたのか、どうか、
うまく接続ができなくて、結局お休みしてしまった。
だからなんだと言う訳ではないが、一応ご報告。
正月を除いて、三日坊主の継続記録を更新していたのに、
鼻先をくじかれて、実はちょっとくやしい。
最近、友人もブログをはじめて続けている。
書く事無いよ〜とか言いながら、結構楽しんでいる。
時たま、設計者のブログに出くわす。
結構みんなまじめに建築の事書いている。
建築家らしく書かんといかんかな〜。
そうすると三日坊主に戻りそう。。。

話は変わって、
修理に出していたプリンタが帰ってきた。
年末に年賀状を打ち出していたら、突然、ウンともスンとも言わなくなった。
何が壊れたのかさっぱり分からないから、修理に出してみた。
今時プリンタも安いから、買った方が安いのでは。と思っていたが、
案外安い見積が帰ってきたので、そのまま頼んでしまった。
しかも、宅配のお兄ちゃんが、引き取りにも来てくれる。
こちらで梱包などしなくとも、その場でてきぱきと包んでくれる。
その梱包材の段取りに感心してしまった。
原因は、クリーニング時に排出されるインクを溜めるタンクが一杯になった為。
長い事使っていたからな〜。
外装も奇麗になって帰ってきた。すこし得した気分。