反省会

ただのおしゃべりかもしれませんが、
月末はスタッフに給料を渡しながら、毎月の反省会?をしています。
年末なので、今回は早めの反省会。
少人数とは言え、一人ではないのでそれぞれの事が気になります。
大人数でないから、むしろコミュニケーションは大切だろうと思います。
自身を含め、まだまだ未熟な連中の集まりだから、すこしでもスキルアップに繋げたい。
仕事はなんでもやればやるほど、奥が深い。
全てが自分で解決できるものでは無い。
だからと言って、他人がそれを解決してくれるものでも無い。

正直、建築を学ぶまで、いや建築を学んでいる最中でさえ、
こんなにも人との関わりがある職業だとは思っていなかった。
一人絵を描くのが好きだったから、漫画や芸術やデザインに興味を持っていたのが、
いつの間にか空間や建築に興味を持つ様になった。
有名な建築家のドローイングを見ていても、それは一人の芸術家の作品の様に思っていた。
社会に出て初めて、建築が沢山の人の協力や応援で実現する事を実感し、
自分以上に出来上がっていくものを期待する人がいる事を知った。

今もコミュニケーションが得意な訳ではありませんが、
不器用なりに面白いと感じる場面が度々あります。
感動もあります。いや、もらいました。
それが、もっと作ってみたいと思う気持ちに繋がっているのかもしれません。

頭の構造

天才っているのかもしれませんね。
今日の「情熱大陸」に出ていた渡辺明棋士。
6段。20才。1児のパパ。
将棋に詳しい訳ではありませんが、勝負ものはどちらか言うと好きです。
明日朝9時から、竜王戦の最終第7戦に挑むそうです。
ちょっと応援したくなりました。
将棋は小学校の頃、友達や親父と打ったぐらい。
とても何十手も先を読むような事はできません。
ですが、棋士はずっと先に見える盤面をイメージするのでしょうね。不思議です。
その昔、ソロバンに通っていたころ暗算が大の苦手でした。
頭の中にソロバンをイメージできないからだと思います。
恐ろしく暗算の出来る天才が時々テレビなんかで取り上げられますが、
きっと同じような頭の構造になっているのかな。不思議です。
そんな頭の構造になりたいような、なりたく無いような。
今さら無理な注文ですが。

家を育てる

今日は完成した住宅のオープンハウスをしました。
施主さんのお友達や、我々の設計仲間に来て頂き、
多くのお祝いの言葉を授かりながら、無事引渡をする事ができました。
終わりには、施主さんからの完成祝いの餃子パーティーを催して頂き、
幸せな一日が終わりました。
そして、これからこの家を育てて行きます。という施主さんの言葉。
工事では度重なる台風に悩まされ、ひと月あまりの遅れた完成となってしまいました。
雨ニモマケズ、風ニモマケズ。
今日ようやく生まれたこの住まいを、大事にして頂ける何よりも嬉しい言葉です。
そのお気持ちに応えられるお付き合いを、ずっと続けて行きたいと思いました。