たっぷりの時間

とうとう今年最後の月を間近に、もう今年が終わった気分。。。
街頭では年賀状も売りに出されているし、ぶっとんだ住所録のデータは
いまだ修復していないので気が重い。
今日も和菓子屋の大将から、メーラーの使い方で電話があった。
今年は大将のところで鏡餅を買おうか。
それにしても、歳を食う度に時間が早く感じるのはナゼ?
日ごと時計が早く廻る。
焦ってもどうにかなるものでも無いのだけれど。

子供の頃は、たっぷり時間があったはず。
いつまで経ってもちっとも時間が進まない、と思って勉強していたはずなのに、
今は勉強するのに時間が足らないと思う事しきり。
いまさらどうにかなるものでも無いのだが、
もっと勉強しておくんだった。。。と、いつも思う。

屁をこいた

構造事務所に出向いて、頭の整理。
ひとつずつ気持ち悪〜い部分を解消して行くような感じです。
実施図面に向かい始めると、このスタートがすっきりしてほしい。
白黒つけないと、なんだか気持ち悪い。どうも前に進めない。
「サイショのダイイッポ」が踏み出せない感じです。
こらえきれず、「動いた!」と言われたくないのかも知れません。
先はまだまだ長い訳ですが、
「坊さんが屁をこいた」と唱える施主さん?に
デンを打って一目散に逃げるのが、実は竣工の時?
だったりするのかもしれません。

プチ?プレ?

只今、竣工間際の小さなビーズアクセサリーのお店付き住宅があります。
本日アサ、ひとまずお店だけ、一日限りのプチ・プレオープン?をしました。
写真はお店の扉についた、小さなショーウィンドウです。
飾られたものも小さなものばかり。
車の往来の多い通り沿いにポソっと建っています。
クリスマスには、グランドオープン?
ひとまずお店のプチ宣伝。

午後から、one-story house の雑誌取材。
年明けて、1月15日発売の『 LiVES 』に掲載されます。
今回はネコに戯れる施主さんが主役かも。