織田廣喜ミュージアム


織田廣喜ミュージアムに行きました。
安藤忠雄設計の弧を描く小さな美術館。人工照明は無く日が暮れると閉館する。
外円の弧に沿った床から天井までの曇りガラスの廊下、
対称に内円に沿った曇りガラスの天窓の展示室。
一旦建物に入ると一番奥にある休憩場所まで外を見る事は無い。
曇り空であったが穏やかな光が空気の様に身体を包み、
人気の無い空間にゆったりした流れを感じさせる。
故織田廣喜氏の朝に昇れば絵を描き夕に暮れれば寝る。
その生活観に呼応した安藤さんの答え。

下調べ無しに行くと館はテーマパークの中にあり、
入園料と入館料を二重取り?されたけど、元は取れた気がした。
気を良くして、帰りに少しタカゲなそば家に入った。
元が取れた程では無かった。

薄い封筒

今日は久しぶりに落ち着いた土曜日。
ただ、相変わらず天気が悪い。
メールもほとんど無かった。
納得までは程遠いかもしれないが。
悩んでいたプランのひとつがようやくそれらしく仕上がる。
月末なので、スタッフにお給金を渡す。
薄い封筒を渡すのにお菓子でごまかした。
が、嫁さんはごまかせない。
コレがつらい。

事欠かない人々

ここだけの話。
嫁さんも自分のブログを持って、日々好き勝手な事を書いている。
などと書いたりすると怒られるかも知れない。
昨日の話。
書きたい事が一杯あるんだけど、一つも書けへん!
なぜ?・・・ぜ〜んぶ自分の失敗談だから・・・なるほど。
日々失敗談を聞かせれている身としては、話題に事欠かない事は百も承知。
間違いなく今日も新しい話題を聞かされる。

今日も和菓子屋の大将から電話あり。
アイコンをダウンロ〜ドしとるんやけど、一時間ぐらい経っとるんじゃ。
こりゃ〜やり直した方がええんかいな〜?
>全然オッケーです。
よっしゃ!プツッ!・・・・・・

話題に事欠かない人がここにもいた。かも。