童夢【自動車】

童夢
童夢

京都・比叡山のふもと、叡山電鉄八瀬遊園駅から国道367号線をしばらく、レーシングカーで有名な「童夢」があります。自動車に詳しくはありませんが、小学校か中学生の頃に「童夢-零」という日本発のスーパーカーのあった事を憶えています。その童夢を訪ねました。

会社設立からは25年だそうですが、社長の林みのる氏がレーシングカー「カラス」を製作した1965年から夢がスタートしている事を知りました。丁度、私が生まれた年に当たります。同い年だったんですね~。童夢と。
童夢は、レーシングカーの開発・製作・販売を主要業務とし、開発目的で自らレースにも参戦しています。小さいスケールでありながらも各方面 から優秀な技術を評価されている個性的な会社です。

担当の方に案内されて開発室に入りました。ここにはおよそ30人ぐらいの技術者がいます。童夢ではデザイン専門という人がいません。必要に応じてスタイリングデザインはイタリアのデザイン会社に委託もするそうですが、基本的にはそれぞれの技術者が各自の担当する車の多くの部分を、デザインも含め開発していくのだそうです。また開発チームもその時その時に流動的に動くと言われます。
全体の中の駒の一つではない職場環境は、自動車作りを真剣にかつ楽しんでやりたいと言う社風の現れのように感じました。

開発室
開発室

その次にはモックアップの加工をするNC加工室です。乗用車程度の大きさならそのまま削りだせるそうです。

NC加工室
NC加工室

次の部屋には風洞実験用のモデルが置いてありました。実際のレーシングカーと同じ素材(カーボンファイバー)で作られています。見た感じ、ちょっと大きなラジコンカーのような気がしました。置いてあったものは40分の1のスケールで作られています。そばには同縮尺のタイヤもありました。
ボディの決定は時間の許す限り風洞実験に掛け、微調整をくり返すのだそうです。別 に置かれていたモデルは粘土などでパテ盛りもされてあったり、テープで部品を貼り付けてあったり、その様子が想像できます。

風洞実験用のモデル
風洞実験用のモデル

次の部屋には昨年度モデルの実物がおかれていました。はじめてフォーミュラーカーを目の前にして、ちょっと感激です。風洞実験のモデルがそのまま大きくなったような感じです。

フロントフェンダーが幾つか置かれていたのでそのひとつを持ち上げてみました。カーボンファイバーで作られているので十分に持てる重さです。レーシングカーの車体の6割はこうしたカーボンで作られているそうです。
置かれていたモデルのシャーシはヨーロッパの会社から購入したものだそうですが、今年度より自社製シャーシで参戦されています。
そばに黒い大きな箱がありました。その中には無限エンジンが入っているそうです。まるでブラックボックス。

昨年のF3モデル
昨年のF3モデル
無限エンジンの入ったブラックボックス
無限エンジンの入ったブラックボックス

最後にメンテナンス室です。 組立、整備を行う部屋ですが、整備士の方々が真剣な表情で作業をされていました。街の整備工場のイメージと違い、整理整頓され明るい作業場です。2台のレーシングカーが並べられ圧倒的な迫力を感じます。

NSXメンテナンス室
NSXメンテナンス室

全社員で約40名。皆がF1参戦というひとつの目標に向っているのが本当によく伝わります。「商売はうまくは無いのが課題」「コストに合わせる物作りはしない」と常務取締役の武林さんはお話されていましたが、一丸となって進もうとする童夢には本当に夢がありました。


【案内】
株式会社童夢
京都市左京区八瀬花尻町198-1
TEL:075-744-3131

【参考サイト】
無限

訪問記:Kichi*Kichi HOUSE

2003年8月10日吉2に新吉誕生!(女の子です(^_^)) 
「人と人の結び付きを大切にしてほしいと いう願いを込めて。それと、キチキチハウスを掛けてみました。」と、親バカ爆進中の施主さんは素敵な名前をつけられました。
おめでとうございます!
そんな知らせを受けて、久しぶり淡路島へ渡りました。

吉2ハウスはとても落ち着きます。緑に囲まれた山間の静かな場所でありますが、それ以上に施主さんの醸し出す雰囲気がそれを思わせます。いつ来ても、綺麗に整頓され、小気味よく素敵な小物が並べられ、背伸びをするのでは無いセンスの良さにとても感心します。我が家も綺麗にせねば、と思わせてしまう何かがあるので、定期的に訪問したくなります。f(^_^;)

1階は施主さんの母上様が使われていますが、こちらも素敵な感じです。丁寧に愛情を持って使って頂いている様子にとても感謝です。

施主さんは体格の良い方ですが、赤ちゃんを抱く様子がとても絵になります。奥さんと並ぶと本当に微笑ましい感じです。

おおよそ30坪の2世帯住宅ですから、十分な広さがあるとは言えません。ですが、この住宅に来るととても豊かな気持ちになれます。吟味した小物は必要以上に主張することもなく、それぞれの場所に馴染んで存在しています。生活しながら何が必要かをじっくり考えて、少しずつ手を加えながら過ごす時間を楽しまれているようです。

計画中もですが、工事中も此処へ来るのは楽しみでした。これからもずっと楽しみにしたいと思っています。

99.99危機・その後

両隣りが建ってしまえば、それはそれなりに。
難と言えば、99.99の周りはダ○×ハウスばかり。
普通の住宅街と言え、もう少しバリエーションがあって欲しい所ですが、妙に浮いている。 ただ奥まったお陰で目立たなくなり、ガラス越しに通行人と目を合わせる事もめっきり減ったとか。
嘘っぽいレンガ調のサイディングに囲われて、やはり残念。古レンガの倉庫街にあるなんて、理想的な想像もチィと難しい。
トホホです。

半年後

竣工から半年が過ぎ、久しぶりにドマドマに訪ねました。

スノコを通した光が降り注ぎ、1階のホールは時間の流れを感じます。
現しになった柱や梁が適度に色付き竣工間際よりも落ち着いた感じになってきました
寝室にもれる中庭の光はひんやりした感じがします
緑があちらこちらで成長しています
本棚から好きな本を手にとって昼寝がしたい

訪問記:HOUSE 99.99

「住人が増えました」と子猫の画像をメールで送って頂いたのが先日。久しぶりに99.99に寄せてもらいました。

竣工後2年半が過ぎてもほとんど様子に変わりありません。
ソファやダイニングテーブルの置き方が生活に合わせて馴染み良く配置を変えられていたり、 ネコトイレが置いてあったりですが、居心地の良さが増したような気がしました。


窓の 向こうに見えているのは坪庭のヤマホウシ元気に成長しています

鉄骨の間にタマネギが吊るしてあったりしたのがイイ感じです。柱と良いコントラスト。
99.99のリビングはフワッとした光に包まれたような感じなので、不思議な時間が流れます。気がつくと夕方になっている。
カフェテラスの景色はパノラマで無くなりましたが、まだまだ魅力的な場所です。専用通 路は正面の花屋さんのへのアプローチ?になっていました。

1階のスタジオは更に磨きがかかって「男の隠れ家」になっていました。いつ来てもココは羨ましい。

99.99の魅力は、このスタジオとリビングのコントラストでは無いかと改めて思いました。没頭できるほの暗いスタジオ空間と、くつろげるぼんやり明るいリビング空間。それにプラス、気分転換の出来るオープンなカフェスペース。
それぞれの空間が手に余るもので無く、身体的に気持ち良さがあるような気がしました。 

これぞ、男の隠れ家